おすすめのオンライン英会話ランキング!

ヨーグルトメーカーでR1を量産できるのは4回までと判明【アイリスオーヤマKYM-014】

ヨーグルト天国
スポンサーリンク
ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを量産できるよ!
何回までヨーグルトを量産できるのかな?

ヨーグルトメーカーを使えば、好きなヨーグルトを量産することができます。

ただ、量産できる回数には限界があります。量産するたびにヨーグルトっぽさがなくなります。

今回は、そのヨーグルトを量産できる上限を調べた結果を報告したいと思います!

結論から書きますと、量産できるのは4回までです!

4回も量産できるんだ!R1ヨーグルトが食べ放題!

5回目に作ったヨーグルトは、酸味が抜けていてヨーグルトの味がしませんでした。

1、2、3、4、5回目のヨーグルトを比べた写真は、次のとおりです。

見た目では違いが分からないかもしれませんが、5回目のヨーグルトは水っぽくて不味いです。

さて、今回の記事では、回数ごとの違いを詳しく調べてみたいと思います!

この記事の対象!
  • ヨーグルトメーカーでR1を量産したい人
  • R1を何回まで量産できるか知りたい人

ヨーグルトメーカーで4回までR1を量産できる【アイリスオーヤマKYM-014】

さて、それではまず、ヨーグルトメーカーでR1を量産してみたいと思います!

手順は至ってカンタンです!つぎのとおりです!

ヨーグルトの量産手順
  1. 牛乳の中に、ヨーグルトを入れる
  2. 牛乳パックに棒を入れてよくかき混ぜる
  3. ヨーグルトメーカー に牛乳をセットし、9時間放置する

この手順に従い、R1ヨーグルトを作ってみました!

①牛乳にR1ヨーグルトを入れる!

まず、牛乳パックを開け、R1ヨーグルトを中へそそぎ込みます!

1つのヨーグルトの中身を全て入れてオッケーです。

②ヨーグルトと牛乳をよくかき混ぜる!

ヨーグルトを牛乳の中に入れたら、長めのスプーンでよくかき混ぜましょう!

ここでかき混ぜておかないと、ヨーグルトが固まりません!ヨーグルト牛乳ができてしまいます。

③牛乳パックを閉じる!

よくかき混ぜたら、続いては牛乳パックを閉じます!

我が家では、閉じるためにオレンジ色のクリップを使っています。

どうして牛乳パックを閉じるの?

牛乳パックを閉じることで、雑菌がヨーグルトの中へ入らないようにするためです。

雑菌を中へ入れないことで、健康的なヨーグルトを作れます!

④9時間に設定し、ヨーグルトメーカーを作動!

牛乳の口をクリップで止めたら、いよいよヨーグルトメーカーを作動させましょう!

我が家では、「プレーン」+「9時間」という設定でつくります!

同じ作り方で、5回まで量産!

紹介した作り方で、ヨーグルトを5回量産してみました。

1回目に作ったヨーグルトを使い、2回目のヨーグルトを作ります。

2回目のヨーグルトを使い、3回目のヨーグルトを作ります。

この調子で、5回目までヨーグルトを作ってみたのです。

果たして、どのような変化が見られたでしょうか?!

1〜5回目までのヨーグルトを比較してみた!

こちらが量産1回目のヨーグルトです。買ってきたR1ヨーグルトと牛乳を混ぜて作りました。

トロミのある美味しそうなヨーグルトです。

こちらは量産2回目のヨーグルトです。量産1回目のヨーグルトと牛乳を混ぜて作りました。

見た目は1回目と特に変わりません。2回目までは余裕で量産できます!

こちらは量産3回目のヨーグルトです。量産2回目のヨーグルトと牛乳を混ぜて作りました。

見た目はまだ1回目と変わりません!3回目まで量産できることが証明されました!

こちらは量産4回目のヨーグルトです。量産3回目のヨーグルトと牛乳を混ぜて作りました。

見た目はまだトロミがあります!4回目まで量産は可能です!

こちらは量産5回目のヨーグルトです。量産4回目のヨーグルトと牛乳を混ぜて作りました。

おや・・・・?なんか、トロミがなくなり、飲むヨーグルトっぽいです。

量産5回目になると、見た目が明らかに違ってきます!

量産1〜5回のヨーグルトを食べ比べてみた!

量産5回目になると、見た目が明らかに変わり、飲むヨーグルトっぽくなりました。

味はどうなの?美味しいの?

気になるお味の変化をたしかめるため、食べ比べをしてみました!

食べてみた結果、量産1〜3回目までは酸味があり、美味しいヨーグルトでした!

量産4回目のヨーグルトは、だいぶ酸味が抜けていましたが食べられます。

量産5回目のヨーグルトは、酸味が抜けて正直マズいです。

量産5回目のヨーグルトは、明らかに不健康な味です。

4回目も酸味がかなり抜けていましたので、美味しく量産するなら3回目までがいいでしょう。

結論
  • 美味しく食べられるヨーグルトは3回目まで
  • 4回目は食べられるけど、酸味が抜けて味が少し落ちる
  • 5回目は酸味が完全に抜けて不味い

ヨーグルトメーカーはお得なのか?

4回までR1を量産できることが分かりました。

ヨーグルトメーカーで作るとどれぐらいお得なの?
ヨーグルトの材料費
  • R1ヨーグルト→142円(税込)
  • セブンイレブン「毎日の食卓3.6牛乳」→208円(税込)

ヨーグルトメーカーで作ると、1回の量産で約4回分のヨーグルトを作れます。

量産は4回できるので、16個のR1ヨーグルトが作れる計算です。

16個のR1ヨーグルトの値段は、次のようになります。

142円(R1)×16=2272円

ヨーグルトメーカーで作るなら、208円(牛乳)×4+142円(R1)=974円

ヨーグルトメーカーで量産すると、2272円ー974円=1298円が得になります。

1000円以上得できるんだね!

ヨーグルトをたくさん食べるなら、ヨーグルトメーカーで作った方がはるかにお得です。

ヨーグルトメーカーで作ったR1の美味しいレシピ!

ヨーグルトに合うトッピングを色々と試した結果、一番美味しいのは黄桃ですね!

缶詰で売られている黄桃を、そのまま中へ入れます!これが甘みを付けてくれて美味しいのです!

R1ヨーグルトって砂糖が入ってるから、甘いんじゃないの?

R1ヨーグルトに砂糖は入っていますが、量産すると砂糖の甘みはなくなります。

味としてはプレーンヨーグルトのような感じです。甘みはありません。

その中へ黄桃を入れると、ちょうど甘くて美味しい味になるのです!

今回は、新たなトッピングとしてカルビーのグラノーラを入れてみました!

健康的な感じですが、味としてはまあまあですね。

やはり黄桃の甘みを加えた方が、ヨーグルトの美味しさが引き立ちます!

まとめ

ヨーグルトメーカーで何回まで量産できるのか試してみました!

結論としては、4回目まで量産できるけど、美味しさ重視なら3回目までがベストということです!

今のところ一番美味しいレシピは、缶詰の黄桃を丸々と入れることです。

酸味と甘みの絶妙なバランスが美味しいです!

これからもヨーグルトメーカーで色々と試したいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント