極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

【TOEIC300点から800点】大学生は就活に間に合う!

スポンサーリンク
英語勉強法
TOEIC300点なんだけど、就活大丈夫かな
TOEICの点数は就活で大切っていうよね〜

就職活動が目の前の大学生は、TOEICの点数をアップさせたいですよね。

英語を使う機会のある会社では、TOEICの点数を評価します。英語を使う機会がない会社でも、TOEICは昇進のための条件です。

就活ではどれぐらいTOEICの点数があったら有利なの?

TOEICの点数が800点以上あれば、就活で英語力をアピールできます。

ですので、就活が迫っている大学生の方は、TOEIC800超えを目標に勉強しましょう。

それでは、TOEIC300点台から800点台に高めるための勉強法を紹介していきます!

この記事の対象!
  • TOEIC300点台から高得点を狙いたい人
  • 就職活動で英語力をアピールしたい人
スポンサーリンク

TOEIC300点から800点に到達するための勉強法!

それでは、TOEIC300点から800点に到達できる勉強のやり方を紹介します!

銀のフレーズと金のフレーズを暗記する!

TOEIC300点台の人が最初にやるべきことは、英単語の暗記です。

英単語を覚えなければ、英語を読めないし聞き取ることもできません。

単語帳はどれを使えばいいの?

英単語帳は、銀のフレーズと金のフレーズ2冊を使いましょう。

銀のフレーズは中学〜高校レベルです。金のフレーズはビジネス英単語がメインです。

TOEIC300点台の方は、中学〜高校レベルの英単語が身についていません。まずは銀のフレーズを覚えましょう。

銀のフレーズを覚えてから、金のフレーズに取り組んでください。

この2冊を仕上げればいいんだね!

英単語は1週間で100単語をおぼえる

英単語は1週間で100単語覚えましょう。

やり方としては、英単語を指で隠し、日本語の意味を答えましょう。その方法で、毎日100単語をチェックしてください。

2日目まではなかなか覚えられませんが、3日目から急に覚えられるようになります。

時間のある人は、1週間で200単語覚えましょう。早く覚えた方が、後々ラクになります。

英単語帳を仕上げることが最優先

英単語帳を覚え切ることが何よりも優先です。

英単語を覚えなければ、英語長文の勉強をしても身につきません。

英単語は一番大切な基礎ですので、英単語に多くの時間を使ってください。

英文法の参考書選びは慎重に!

英文法の勉強で大切なのは、参考書選びです。参考書選びに失敗すると、英文法にニガテ意識を持ってしまいます。

参考書によって分かりやすさがそんなに違うの?

分かりやすい参考書は、本当に分かりやすいです!分かりやすい参考書を選ぶことで、英文法をスイスイ理解できます。

どの参考書が分かりやすいのかな?

私がオススメしている参考書は、次のシリーズです。

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】

大岩先生の本は、イラストが多く、話口調なので理解しやすいです。

英文法のトリセツは3冊の分厚い本です。多くのページを使って丁寧に解説がされています。

英語長文は音読をすることで得意になる!

英語長文を読めるようになれば、TOEICで高得点を取れます。

英語長文って理解できないんだよね〜

TOEIC300点台の方は、英語長文にニガテ意識を持っているでしょう。

英語長文が得意になるには、音読をしましょう。音読とは、文章を口に出して読むことです。

どの参考書を音読すればいいの?

TOEIC300点台でしたら、次のシリーズを使いましょう。

このシリーズはレベル別に分かれています。レベル1から始めることで、基礎からステップアップしながら勉強できます。

長文をまずは自分で読んでみてください。そして、解答を読んで理解してください。

長文の内容を理解したら、音読しましょう。1つの長文につき20回音読したら、その長文をマスターできます。

20回音読したらいいんだね!

音読することで、長文に慣れてきます。すると、TOEICレベルの長文を読めるようになるのです。

リスニングはスキマ時間を活用しよう!

続いて、リスニングの勉強法です。

リスニングって聞き取れないんだよね

リスニングが苦手な人は多いです。学校ではリーディングの授業がメインで、リスニングはあまり教えないからです。

リスニングの勉強には、次の参考書を使いましょう。

L&Rテスト究極のゼミ 対話形式の解説で正解への道筋が見える part 3&4

TOEICのリスニング対策なら、この本が便利です。多くのリスニング問題が掲載されています。

パート3&4は一番差が付きやすいです。ここで高得点を取れれば、リスニングの点数は大幅にアップします。

ひたすら聴く&シャドーイング

リスニングの勉強で大切なのは、「ひたすら聴く」ことと「シャドーイング」です。

英語の音声を聴くほど、耳が英語に慣れてきます。そして、もう一つ大切なのはシャドーイングです。

シャドーイングって?

シャドーイングとは、CD音声に合わせて発音することです。例えば、「Apple」と聞こえたら「アッポウ」と発音します。

シャドーイングを続けることで、リスニングは着実に上達していきます。

TOEIC500点まで上がったら、過去問をやり込む

TOEICが500点にまで到達したら、過去問をやり込みましょう。

過去問の勉強が、一番TOEICの点数アップにつながります。

ただ、TOEICが500点に到達しなければ過去問を理解することが困難です。

過去問はどうやって勉強したらいいの?

過去問は、長文と同じやり方で勉強します。まずは自力で問題を解き、わからない文章に印を付けます。

問題を解き終わったら、分からない部分を解答で理解します。そして、文章を音読で復習しましょう。

リスニングに関しては、間違えた問題をくり返し聞きましょう。

過去問をやり込むことで800点まで到達可能

TOEIC800点を取りたければ、過去問をやり込みましょう。

TOEICの問題にはパターンがあるため、過去問でパターンを身に付けることで点数が上がります。

英単語や文法などの基礎が身についたら、あとは過去問をやり込むだけです!

まずはTOEIC300点から500点、700点を目標に!

いきなりTOEIC800点を目標にすると、挫折する可能性があります。

どうしてなの?

例えば、TOEIC300点から400点にアップしたとします。

目標が800点だと「あと400点もあるのか・・・」と気が遠のいてしまいます。

目標が500点だと「あと100点で達成できる!」とやる気が上がって勉強を続けられます。

なるほどー!目標は小さく設定するといいんだね!

500点を達成したら、次は600点を目標にしましょう。目標を小さく設定することで、達成感を得ながら勉強ができるのです。

達成感はモチベーションを保ってくれます。勉強がニガテな人こそ、達成感を意識してください。

TOEIC300点は就活に不利!早めに対策しよう!

TOEIC300点台は、就職活動に不利です。英語を使わない会社なら関係ありませんが、使う会社なら間違いなく不利です。

就活生の多くは、TOEIC600点は取得しています。その中で300点だと、不利な戦いとなります。

就活までに時間があるなら、紹介した方法を実践してTOEIC800点を目指しましょう。

まとめ

今回は、TOEICを300点から800点に高めるための勉強法を紹介しました。

紹介した方法を実践すれば、最短で800点までに到達できます。

TOEIC300点は就活では不利ですので、就活までに600点は取れるようになりましょう。

この記事がTOEICを頑張っている方のお役に立てばうれしいです!

【よく読まれている記事】

英会話の勉強に役立つ参考書10選

TOEICで高得点がとれる参考書10選