極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

映画「ピクセル」は面白い!キューバ―トが最後にレディリサになった理由【考察&解説】アクション

今回は映画「ピクセル」の感想とあらすじです!

(ジャンル・アクション)

個人的な点数は85点ですね。

映画「ドクタースリープ」のあらすじ!ジャンルはアクション

主人公のサムブレナーは、子供時代はパックマンなどのゲームが大得意でした。

子供時代はヒーローでしたが、大人になってからは電気屋として地味な人生を送っています。

ある日、アメリカにゲームのキャラクターが現れます。そのキャラクターは街で大暴れし、人や物をキューブに変えていきます。

その正体は宇宙人で、地球を侵略しに来たようです。

アメリカの大統領は、親友であるサムブレナーを呼んで「君のゲームの腕前で宇宙人をたおしてほしい」と依頼します。

映画『ピクセル』予告編
パックマン、ドンキーコング、スペースインベーダーなど、日本の名作ゲームのキャラクターたちをフィーチャーしたアドベンチャー。ゲームキャラクターにふんして地球侵略を開始したエイリアンと人類の攻防を活写する。メガホンを取るのは、『ハリー・ポッター』シリーズなどのクリス・コロンバス。『ジャックとジル』などのアダム・サンド...

映画「ピクセル」のキャスト&登場人物

キャスト&登場人物
  • サムブレナー(アダム・サンドラー)
  • ウィルクーパー(ケヴィン・ジェームズ)
  • ヴァイオレット・ヴァン・パッテン(ミシェル・モナハン)
  • ラドロー・レイモンソフ(ジョシュ・ギャッド)
  • エディプ・ラント(ピーター・ディンクレイジ)

映画「ピクセル」の感想&考察(ネタバレありの解説です)

※ここからネタバレあります

 

映画「ピクセル」はマジで面白い!でも、ネタが分からないなら「つまらない」かも?

この映画、マジで面白い!ネタ映画だと思って観たら、予想を大きくこえる特大級のネタ映画で最高でしたよ!

パックマン、ギャラガ、アルカノイドなどの有名なレトロゲームが盛りだくさん!

そこも斬新で面白いのですが、何より最高なのは「主人公たちの小ボケ」です!

こっそりと大統領の椅子に座ったり、「オタクはキスがうまい」っていう謎理論だったり笑。とにかく小ボケが面白いのです!

つまらないって意見も聞くなぁ

たしかに、ゲームに興味がなければ興奮は小さいでしょう。パックマンとか、ドンキーコングとかは知ってたら大興奮します!

キューバートが最後にレディリサになったのはなぜ?理由は「ピクセル」だから!

ラストシーンで、レディリサは消滅します。ですが、トロフィーのキューバ―トがレディリサに変わり、ラドローの妻になります。

そして2人は結婚し、たくさんの子供が・・・と思ったら、たくさんのキューバートが生まれていました笑

どうしてキューバートはレディリサになったんだろう?

キューバートがレディリサになれたのは、彼がピクセルで作られているからです。

ピクセルはただの色のブロックですので、変わろうと思えばどんな形にでもなれるのです。

MITは、ミシシッピ・インスティチュート・オブ・テクノロジーの略!笑

子供時代、大統領はサムブレナーに「お前は将来、MITに行くんだろ?」と言います。

MITって聞くと「マサチューセッツ工科大学(マサチューセッツ・インスティチュート・オブ・テクノロジー)」を思い出します。

ですが、サムブレナーが卒業したのは「(ミシシッピ・インスティチュート・オブ・テクノロジー)」

マサチューセッツではなく、ミシシッピなのです笑

冒頭シーンで「MITに行くなんて、サムブレナーって超頭いいんだな!」って思いましたが、盛大なネタだったのですね笑

スノップとウインナー野郎とは?どういう意味?

サムブレナーはアメリが軍の中佐ヴァイオレットと出会い、彼女を「スノップ」と呼びました。

スノップというのは、「お高くとまった嫌な奴」という意味です。たしかに、ヴァイオレットはプライドが高いですね。

もう1つ、オタク少年のラドローが「ウインナー野郎」と呼ばれるシーンがあります。

ウインナー野郎とは、オタク少年という意味です。ラドローは陰謀論が大好きなオタク少年ですので、そのように呼ばれたのでしょう。

セリーナウィリアムズとマーサスチュワートは実在の人物!

本作では、2人の実在の女性が登場しています。セリーナウィリアムズとマーサスチュワートです。

セリーナウィリアムズはテニス選手で、マーサスチュワートは料理人です。

刑務所に投獄されたいたエディは「宇宙人退治に協力する。でも、2人とデートさせてくれ」と頼みます。

セリーナとエディはパーティーで一緒になりましたが、セリーナはエディを避けています。

ですが、ラストで宇宙人を倒すと、セリーナとマーサがベッドルームで待ってくれていたのです!エディにとっては超ハッピーエンドでしょう(ただ、女性の好みが少し変わってるように思えますが笑)

パックマンの生みの親「岩谷徹教授」がカメオ出演!(1982年のシーン)

パックマンの生みの親は「岩谷徹教授」です。パックマンのシーンで登場したのは、デニスアキヤマという俳優です(日系カナダ人)

ただ、1982年には岩谷徹教授(本人)がカメオ出演しているのです!これは要チェックですよ!

「パックマンは悪いやつじゃない!」と言っておきながら襲われるシーンは最高でした。その後すぐに「このビッチ(くそ野郎)を退治しろ~!」と叫んでるのも最高です笑

ヴァイオレットがスマーフを容赦なくたおす!「みんなには内緒よ!」

大人気キャラクターのスマーフ(青色の小人)は、アメリカで大人気のアニメキャラです。

そんなスマーフが可愛くダンスしているシーンで、ヴァイオレットは容赦なくスマーフをたおします笑

「スマーフを倒したのは内緒よ!」と口止め。それぐらいアメリカでは人気のキャラなのです。

エディがチートをしていた。それを知ってチャンピオンに返り咲いたサムブレナーが熱い!

1982年のシーンで、サムブレナーはエディにドンキーコングで敗れます。ですが、実はエディはチートを使っていたのです。

それをラストシーンで知ったブレナーは「俺がチャンピオンだったのか!」とやる気をマックスに!

そしてヴァイオレットも「チャンピオンにパターンなんていらない」と最高のセリフを!

このシーンはマジで熱かったです!

全体的にネタ盛りだくさんの映画でしたが、本当に楽しめました!

【よく読まれてる記事】

【ラストがすごい】サスペンス映画100選

【号泣】ヒューマンドラマ映画100選

【クセになる】タイムリープ映画25選

【モチベUP】天才が出てくる映画30選

【とっておき】隠れた名作映画10選