極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

海外ドラマ「スクリーム」シーズン1の全話を観た感想&考察【一部ネタバレあり】

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評

大昔に一世を風靡した映画「スクリーム」のドラマ版がとうとう登場しました!シーズン2まであり、スプラッター好きにはたまりません!

実を言うと、私は映画「スクリーム」をまだ観たことがないんですよね笑。あの有名な仮面だけは見たことがあります!

あの仮面は100円ショップでも見かけるよね

「映画を観てないからこそストーリーが気になる!」ということで、ドラマ「スクリームのシーズン1」をすべて観賞しました!

今回は、「スクリーム シーズン1」の感想を1話ごとにまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

海外ドラマ「スクリーム シーズン1」全話を観た感想&考察【ネタバレ一部あり】

それでは、「スクリーム」シーズン1の感想を各回ごとに書いていきますね!

スクリーム第1話「1-1 秘密と嘘」

ストーリーの初っ端からワルガキが出てきましたね!笑

友人?がレズビアンであることを暴露する動画をネットにアップロードし、「再生回数がアップしたわ!ヤッホー!」と喜んでいる猿のような女性!

レズビアンのような人に知られたくないこと、よく他人に言いふらせますよね〜。しかもネットにアップするなんて悪質すぎますよ。

このような人間は、1度は痛い目に合わないと学習しないんですよね(殺されてしまったわけですが笑)

さて、この回はラストがちょっと自虐っぽくておもしろかったです!

「殺人鬼映画は、ドラマには向かないんだよ!」(スクリームは殺人鬼映画がオリジナルなので、おもいっきり自虐ってる笑)

「どうだ!誰もできないと思ってたドラマを作ってやったぜ!」と監督は視聴者にアピールをしたいのでしょう!

「ジェイソンとかの殺人鬼に殺されないためには、一人で行動しなければいい」など、こういったパロディ要素を取り入れてくれてるのもたまりませんね!

ところで、主人公の恋人はかわいそうな仕打ちに合いましたね。殺人鬼の死んだ湖においていかれるという笑。こんなの怖すぎるでしょ!

スクリーム第2話「1-2 やあエマ」

とうとうブランドン・ジェイブズが姿をあらわしてきましたね!レズの動画をネットにアップしたニーナを殺し、続いてはレズの片方を殺害!

ニーナを殺すのは分かりますが、どうしてレズの片方まで殺したのでしょうか?ここが不可解ですよね。

ニーナを殺した段階では、「悪い人間をたおす正義のヒーローなのでは?」とブランドンジェイムズに期待を寄せていたのですが、見事に裏切られました笑

さて、これは私の仮説ですが、ブランドン・ジェイムズは本人ではない気がします。犯人は、ブランドン・ジェイムズの名を語った別人だと思うんですよね。

だって、ブランドンジェイムズはずっと昔の人なんですよ。それなのにスマホやネットへのアップなんてできるでしょうか?

過去から現れたブランドンジェイムズが、このような最先端の技術を使いこなせるとは思えません。ですので、今の段階では犯人は「生徒のだれか」だと思っています。

でも、ドラマの題名がスクリームなのに犯人が別人だったら、それはそれでおかしい気がするんですよね笑。

そう考えると、「やっぱり犯人はブランドンジェイムズなのかな〜」と思ったりもします笑

スクリーム第3話「1-3 ゲームへの招待状 」感想

さて、スクリームの第3話の視聴をスタートしました!冒頭のシーンからジェイソンっぽさが炸裂しています!笑

外国人女性ってバストが大きいので、胸元の空いた服で走るとバストが目立つんですよね笑

ちょっと思ったんですが、「ブランドン・ジェイムズ」オタクの少年がいますよね。ひょっとしたら、彼が犯人なのではないでしょうか?急に怪しく感じてきました。

さて、とうとう娘が「ブランドン・ジェイムズの恋の相手は母親」であることを知りましたね。

母親がそのことを秘密にしていたため、娘と母の信頼関係はボロボロです。こんな不安な状況で、家族を信じられなくなるのは痛いですね。

気になるのは、娘の電話相手ですね。相手はブランドンジェイムズ本人なのでしょうか?

ところで、とうとうブランドン・ジェイムズが動きはじめましたね!あの伝説の仮面をかぶった男が、殺戮パーティを広げていきます!笑

ブランドン・ジェイムズは明らかな悪なのに、復活したシーンを見るとワクワクしてしまうのはなぜでしょう?笑

さて殺し方ですが、みんなの期待どおりエグいですね!ハシゴを昇って逃げようとするライリーを、後ろからメッタ刺しにします!

背中を突き、さらに足をズバッと切る!「痛いー!」という女性の悲鳴が聞こえてきそうです!

ブランドンジェイムズがあえて女性を屋上へ逃がしたのは、楽しむためでしょうね。女性を殺そうと思えば殺せたはず。異常殺人者であることが丸出しですね!笑

ライリーが亡くなる瞬間の一言「あの日見た星空だよ・・・」は彼氏からしたら心苦しいでしょう。

普通ならロマンチックなセリフですが、こんな瞬間に言われても悲しいだけです。とんでもない脚本ですね!

スクリーム第4話「1-4 追い討ち 」感想

ライリーがブランドン・ジェイムズに殺され、友達がみんな悲しんでいますね。

こういうシーンを見ると、「自分が死んだ時に悲しんでくれる友人っているのかな?」と考えてしまいます(いると信じたい!笑)

さて、4話では母親と父親の関係があやしくなってきました!母親のアルバムが虫食い状態で、「真実は仮面にある」という謎めいた文章・・・

ここで、「ブランドン・ジェイムズ=エマの父親」説が出てきました。でも、明からさますぎるので違う気がします。

さて、4話では心をエグるゲームが出てきましたね。「苦しむ顔を見たいのはどっち?」という最悪な投票ゲーム!

これに選ばれたら、殺されるよりもツライかもしれません・・・泣

「真実は仮面にある」と知ったエマたちは、怪しげな部屋にやってきます。そこでは、エマの写真の切り抜きが!

エマのストーカーでしょうか?だったらエマが危ない!でも、このまま何も行動しなければ犯人の思うがままですからね。リスクをとらないといけません。

スクリーム第5話「1-5 暴露」感想

エマがとんでもない暴露をされましたね!「彼氏のウィルとの初めてのSE○動画」を拡散!

うーん、本当に怖い世の中ですよね。スマホ1台があれば、世界中に他人の秘密を拡散できるんですから。

さて、この事件のときに伏線が張られましたね。「オードリーは、自殺した女の子に無理に迫っていた」

オードリーは、レズビアンでした。その相手もレズビアンだと思ってましたが、オードリーが無理やり誘っただけなのかも。

ここで、「ブランドン・ジェイムズ=オードリー」説が浮上してきましたよ!一番はじめに殺されたのは、オードリーのレズ動画をアップした女性ですからね。

でもね、オードリーの話し方を見ていると、そんな悪い人には見えないんですよね。だから、この説はなんとなく違う気がします。

スクリーム第6話「1-6  裏切り」感想

エマって純粋な子に思ましたが、とても大胆な子ですね。誰もいないとはいえ、外でヤンキー君とSOXをするんですから笑

さて、第5話を観たときに「ブランドンジェイムズ=オードリー」なのでは?と思ったのですが、その通りの展開になってきましたね。

ですが、まだ6話です。6話でいきなり犯人が捕まるとは思ないので、おそらくオードリーは犯人ではないでしょう!笑

それよりも怪しいのは先生ですね!あと、エマとSOXをしたヤンキー君もちょっと怪しい気がしてきました。

ただ、先生はちょっと怪しすぎるんですよね。パソコンにウイルスが感染してたり、こんなに怪しさプンプンな人が犯人とは思ません。

となると、犯人はエマの新しい彼氏のヤンキー君ではないでしょうか?なんか堂々としすぎな気がするんですよ。

堂々と振舞うことで、犯人らしさをなくしてるのではないでしょうか?!なんか推理が変わりまくって申し訳ないです笑

SDカードの中でオードリーが「ニーナを殺してやる!あいつを殺せば私はいじめられない!」と宣言してましたが、明からさますぎるのでやはり犯人ではないように思いますね。

スクリーム第7話「1-7 手のひらの上で」感想

やはりオードリーは犯人ではありませんでしたね!あの子の話し方を見てると、すごく性格が良さそうなので当然といえば当然です。

さて、新しく犯人として挙がってきたのが「ブルックの父親」です!

ブルックの父親はウィルによって脅されてたんですね。「あのビデオをばらまかれたくなかったら、金をよこせ!」と。

ウィルがブルックの父親をさんざん脅したあと、ブランドンジェイムズの仮面をかぶった男が!!

このシーンだけを観ると父親が犯人のように見えます。でも、これはちょっと怪しすぎるんですよね〜。

やっぱり、エマと付き合っているヤンキー君ではないでしょうか?彼は堂々としすぎてる割りに目立ってないんですよ。

ブルックは「父が母を殺した!」と言いますが、父親は「母親は施設だ」の一点張り。思うに、これは本当な気がしますね。

母親は本当に施設に入っており、その過程で父親は何らかの秘密をもった気がするんですよ。

スクリーム第8話「1-8 亡霊」感想

7話の終わりが衝撃的すぎましたね!笑 ウィルの死に方は、まるでSAWシリーズの映画を観てるようでした。

後ろからチェーンソーでズバズバズバ!体はものの見事に真っ二つ・・・。こんなの間近で見るとトラウマになるでしょうね。

母親も可哀想ですよね。家に帰ってきて、まさか息子が半分になってるなんて思わないでしょう。

さてさて、犯人は一体誰なのか。怪しいのは、「エマの彼氏」「市長」「学校の先生」の3人ですね。

私が一番疑っているのは、エマの彼氏です。なーんか彼は堂々としすぎなんですよね。

市長は怪しすぎるので、おそらく犯人ではないでしょう。ブルックは母親とも連絡を取れたようですし。

となると、エマの彼氏か、学校の先生のどちらかですね。私の予想ではエマの彼氏です!

さて、エマは父親と何年かぶりの再開ができたようです。でも、怒るのは当然ですよね。ずっと会いたいと思ってたのに、返事もくれないんですから。

帰ってきた父親ですが、エマのために何かしてくれるのでしょうか?彼の行動に注目ですね!

スクリーム第9話「1-9  ダンス」感想

連続殺人犯として、ブルックの彼氏である「セス」という教師がつかまりましたね。

でも、セスはどう考えても連続殺人犯じゃないんですよね。だって、ブルックとセスが密会してたとき、連続殺人犯もあらわれましたからね。

市長も犯人じゃないし、教師も先生じゃないので、残る可能性は1つ。そう、エマの彼氏であるキーランですね。

エマは母親といっしょに、ブランドンジェイムズの母親のところへ行くんですけど、その母親は統合失調症っぽいです。

話が通じてるようで、話が通じてないんですね。でも、キーワードを1つだけ言うんですよ。「ブランドンの息子がきた。名前はたしか・・・キース?」

これが大ヒントでしたね!エマは「やっぱりセスが犯人ね!」と早とちりをしましたが、どう考えてもキーランでしょう笑

しかし、キーランがブランドンジェイムズの息子なのは、ある意味おどろきですね。だって、キーランめちゃくちゃイケメンじゃないですか!

ブランドンジェイムズは顔でイジめられていたので、キーランが犯人だとバレないようにあえて逆の設定にしたのですね。

でも、気になるのはここからですね。キーランは何のためにエマに近づいたのでしょう?周りの友達たちを殺した動機も不明です。

父親のブランドンを殺した母親を憎んでるのでしょうか?それで、娘のエマを殺してやろうと考えてるのでしょうか。ラストが本当に気になります!

スクリーム第10話「1-10  真相」感想

絶対にキーランが犯人だと思いましたが、意外や意外、犯人ではなさそうなのです!

「セスを信じたら、君の負けだ。セスが牢屋に居ても、君はずっと不自由な生活を送ることになる」

この言葉を聞くと、キーランは犯人ではないように思えるんですよね。

キーランが帰ると、ラストゲームがスタートして「もう誰が犯人なんだよ!」と発狂しそうになりました笑。

キーランの父親が暴行され、腸がズタズタに裂かれていたので、おそらく犯人はセスのようですね。

さすがに、父親をこんなヒドい目に合わすことはしないでしょう。

驚愕のラスト!まさにどんでん返し!

犯人はまさかのハイパーでした。ハイパーとは、情報を集めていたメガネの女性ですね。

彼女はたしかにちょっと怪しかったのですが、犯人は男だと思っていたので予想から外していました。

「今は男女平等の時代よ!男って決めつけるのはよくないわ!」

うん。本当にその通りです。連続殺人をする=男だって勝手に頭で思い込んでいました笑。

ブランドンジェイムズと同じ死に方がナイス!

個人的に良かったのは、ブランドンジェイムズと同じ死に方をしたことですね。男女のおードーリーがカッコいい登場!

「ハーパー!あんた喋りすぎなのよ!」まさにその通りですね。なんで犯人って殺す前にこんなによく喋るんでしょうか笑。

結局、ハーパーは亡くなり、いつもの平穏に戻る・・・。かと思いきや!まだまだ物語は終わっていない!!

海外ドラマ「スクリーム シーズン2」の予想!どんな展開になるのか?

さて、スクリームのシーズン1をすべて見終わりましたので、続いては「シーズン2」を観ていこうと思います!

シーズン2の予想ですが、おそらくハーパーが再び現れるんだと思います。あるいは、ブランドンジェイムズ本人の登場。

ブランドンジェイムズとハーパーは海に落とされて殺されたように見えましたが、どちらも遺体が見つかってないんですよ。

遺体が見つからないのは大きな伏線なので、シーズン2ではどちらかが蘇ると思いますね!

でも、シーズン1よりは犯人を予想しやすそうですね。ひょっとすると、ブランドンの別の子供が登場する可能性もありますが笑。

なにはともあれ、シーズン1は犯人を予想しづらいなかなかの良作だったと思います!

【よく読まれてる記事】

【ラストがすごい】サスペンス映画100選

【号泣】ヒューマンドラマ映画100選

【クセになる】タイムリープ映画25選

【モチベUP】天才が出てくる映画30選

【とっておき】隠れた名作映画10選

【稼ぎまくり】映画ブログでお金をゲットする方法