自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

75点【めまいの感想】ラストとヒッチコックショットに驚くぜ!【考察】

映画&ドラマ批評
スポンサーリンク

今回は映画「めまい」の感想とあらすじです!

(ジャンル・サスペンス映画)

ストーリー:主人公は、「妻の様子がおかしいから、尾行してほしい」と友人に頼まれます。その妻は、大昔に自殺した女性に乗りうつられているのです。

個人的な点数は75点ですね。

めまい - 予告編 字幕

映画「めまい」のあらすじ

高いところが苦手な主人公は、警察官です。その苦手が原因で、仲間を事故で死なせてしまいます。

それをきっかけに、主人公は警察をやめます。しばらくすると、昔の友人にまねかれます。

主人公はその友人に、「最近、妻がおかしい。後をつけてくれないか?」と頼まれます。

主人公は、妻のあとをつけます。すると、妻は海のなかへ飛びんだのです。あわてて助けて、安全なところへ運びます。

妻が目をさますと、主人公は「君は海へとびこんだんだ。覚えてないかい?」とたずねます。しかし、妻は何も覚えていないのです。

友人にそのことを報告すると、「妻には、大昔に自殺した女性が乗りうつってるんだ」と告白されます。

映画「めまい」の感想と考察(ネタバレあり)

※ここからネタバレあります

 

 

「めまい」は、ホラー映画で有名なヒッチコックの代表作なんですね。さすがヒッチコック作品でして、ストーリーがよく練られています。

尾行していた女性が、まさかのウリふたつの女性!これには驚かされましたね!

主人公は、愛した女性がなくなったと思ってるんですね。でも、実は生きてたんです。主人公と女性がふたたび愛し合ったらハッピーエンドです。

でも、そうはならないんですね笑。さすがサスペンス映画の王ヒッチコック、かならずバッドエンドへ持っていきます笑。

とつぜんシスターが現れ、それにビックリした女性は塔から飛びおりてしまいます。

シスター「神のご慈悲を」っていやいやいや!この展開は急すぎるだろ!笑

これにはビックリしましたね。こんな終わらせ方あるんかい!せっかくこんなロマンティックな展開にしたんだから、女性と結ばれるハッピーエンドでも良かったのでは?笑

さて、この映画で疑問にのこりそうな点を解説していきますね!

  • 女性とレストランで食事をした時、どうして主人公はほかの女性に目をうばわれたのか?
  • 有名なヒッチコックショットってどれ?
  • 女性が着けてたネックレス

まず、女性とレストランで食事をしたとき、どうして主人公はほかの女性に見とれてしまったのでしょうか?

それは、その女性の髪型が、塔から飛びおりた女性とソックリだったからです。主人公が見とれているが分かり、食事相手の女性は不機嫌になります。

「やっぱり、亡くなった女性が恋しいのね・・・」と。

さて、次の疑問は「有名なヒッチコックショットってどれ?」です。

ヒッチコックショットとは、塔の階段をのぼっているとき、主人公が階段の下を見るシーンです。

階段の下から上へと、カメラが移動していくんですね。このヒッチコックが考えた撮りかたで、予算を300万円ぐらいおさえられました。

もともとは、500万円ぐらいしないと撮れない難しいシーンだったようです(豆知識)

続いて、女性が着けてたネックレスについて。このネックレスは、塔から落とされた女性が着けていたものです。

そのネックレスを、替え玉の女性が着けていたんですね。主人公は落とされた女性がそのネックレス着けていたのを覚えていて、「あんたは替え玉だったんだな」と気付いたわけです。

サスペンスとしてけっこう楽しめた作品なんですけど、ラストがちょっと唐突すぎたのが気になりましたね笑。

【よく読まれてる記事】

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス

オンライン英会話でTOEIC850点をゲットできた話

映画マニアが選ぶVODサービスランキング!
映画を観るのにおすすめなVODサービスを探していませんか?今回は、映画マニアの私が選ぶ「映画視聴に打ってつけのVODサービス」をご紹介したいと思います!映画好きの方は必見です!
映画マニア厳選!家で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選!
映画が趣味の人は、自宅でもよく映画を観ますよね。今回は、映画マニアの私が、自宅での映画がもっと楽しくなるアイテムを10個紹介します!映画鑑賞が趣味の方は、どうぞご覧ください!
DMM英会話を10000分以上続けたら効果がありすぎた笑。
オンライン英会話の効果が気になりますよね?オンライン英会話を2年以上続けた結果、私はTOEICの点数が【850点】になりました。続ければここまで英語力が伸びます!上達するコツもどうぞご覧ください!

コメント