極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

65点【ソウザ・ファイナルの感想】ゲームオーバー言いすぎ【考察】

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評

今回は映画「ソウザ・ファイナル」の感想とあらすじです!

(ジャンル・サスペンス&デスゲーム映画)

(Amazonでの評価は星3.5

ストーリー:「ジグソウのゲームから生還した」と嘘をつき有名になった男が、ジグソウの後継者に狙われる。

個人的な点数は65点ですね。残すはシリーズは、ソウ・レガシーのみです!

さて、ひとまずあらすじへいきましょう!

予告はコチラ↓↓

ソウ ザ・ファイナル
ジグソウのゲームを生き残ったボビー・デイゲン。彼はマスメディアに取り上げられ現代のイコンとして脚光を浴び、彼のもとにはゲームのサヴァイヴァーたちが群れ集う。しかし、ボビーの過去にはメディアも知らない秘密があった。その秘密が呪われたゲームを引き寄せる・・・。一方、ホフマン刑事VSジルの争いは骨肉相食む後継者争いとな...
スポンサーリンク

ソウザ・ファイナルのあらすじ

「ジグソウのゲームで生き残った男」というキャッチフレーズで、1人の男が有名人になります。

ですが、その男の言ってることはウソ。彼はゲームに参加したことがありません。

ジグソウは彼の嘘に気づいており、「嘘を付いた人間は、奴隷になる」と彼に告げていました。

ジグソウの後継者は、その男をさらってゲームに参加させます。そして、「クリアできなければ妻は死ぬ」と言いわたします。

ソウザ・ファイナルの感想と考察(ネタバレあり)

※ここからネタバレあります

 

 

とうとうソウザ・ファイナルまで観てしまいましたよ!ソウシリーズはワンパターンですけど、それなりに面白いんですよね。

「拷問シーン」と「ジグソウの後継者を追い詰めるシーン」が、いい具合に入れかわるのがグッド!

「もう拷問見たくない!」って時に別のシーンにかわるので、飽きづらいんですよね。こういう点はよく練られてると思いました。

ただ、ラストにはあまり関心しませんでしたね笑。ジルが殺され、ホフマン刑事が野放しになったかと思ったら、また別のジグソウ後継者が現れる。

すごいどんでん返しを期待してたのですが、無理やりな終わらせ方でした笑。ゴードン先生を出したのは無理すぎでは?笑

ゴードン先生がジグソウの手伝いをしてきたみたいですが、「だからどうなの?」って感じです。

今までに伏線がなかったので、「あれはゴードン先生のしわざだったのか!」と驚いたりしません。

ゴードン先生は、ホフマン刑事を捕まえてソウ1の場所へ連れてきます。ホフマン刑事を鎖につないでから「ゲームオーバー」と言って去っていきます。

「お前ゲームオーバーって言いたいだけだろ!」って突っ込んでしまいました笑。

ソウシリーズでは、やたらゲームオーバーが連呼されます。ホフマン刑事がジルを殺したあともゲームオーバーと言います。

ゲームオーバーを使いすぎなんですよ!たしかに言ったら気持ち良さそうですが笑。

さて、この映画の一番の突っ込みどころはそこではありません。一番の突っ込みどころは、嘘つきボビーのラストゲームです。

ボビーは胸にフックをかけ、登っていきます。「あのさあ、、、ジーパンはいてるんだったら、そっちにかけたら?」呆れてしまいましたよ。

ジャージならちぎれるでしょうが、ジーパンなら胸よりはちぎれないでしょう。

「ファイナルシリーズなんだから、しっかり考えたゲームにしてよ!」とモヤモヤしましたね笑。

さて、この映画の最初で2人の男性が、公衆の場で浮気女をかけたゲームをさせられていました。

これは続編の「ソウ・レガシー」への伏線なのでしょうか?今までゲームは隠れて行われていましたが、これからは人々の前で行われるのでしょうか。

そうなると怖いですよね。「悪いことをしたらジグソウのゲームに参加させらるよ!」と、親が子供を説教する時代の到来です。

個人的にはあまり納得できない終わり方でしたが、そこそこ楽しめるのはさすがソウシリーズだと思いましたね。

【よく読まれてる記事】

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

先が気になって仕方がない!サスペンス映画100選

泣かずにはいられない!ヒューマンドラマ映画100選

バッドエンド!後味の悪い映画55選

ラストが読めない!どんでん返し小説10選

もっと早くに読みたかった!価値観が変わる本10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス