極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

高速音読と速聴は最強の組み合わせ。異常なほど頭が良くなる

スポンサーリンク
頭が良くなる方法
みなさんこんにちは!一流大卒の映画マニアです!

高速音読は頭を良くしてくれるトレーニングです。それに加えて、速聴もやれば鬼に金棒です。

速聴とは、文字通り「速く聴く」ことです。速く聴くだけですが、脳がめちゃくちゃ鍛えられます。

速聴で頭を良くするには、コツがいります。今回は、速聴のコツを紹介していきたいと思います!

この記事の対象!
  • 頭の回転スピードを速めたい人
  • コミュニケーション能力を高くしたい人
スポンサーリンク

高速音読と速聴を組み合わせれば天才に近づく

はじめにも書きましたが、速聴と高速音読は最強の組み合わせです。

どちらの方法も、「頭に情報を大量にいれる」ことがポイントです。

大量に情報をいれると、脳の処理スピードがあがる

高速音読や速聴で、なんで頭が良くなるの?

速聴と高速音読では、ものすごいスピードで頭に情報がはいってきます。

ものすごいスピードで情報を入れると、脳も必死に対応しようとします。

はじめの頃は大変ですが、脳はしだいに慣れていくんですね。慣れてくると、たくさんの情報を処理できるようになります。

その結果、速聴や高速音読で頭が良くなるのです。これが速聴や高速音読で頭がよくなる理由です。

高速音読と速聴を組み合わせれば、能力がヤバいほど高くなる

高速音読と速聴を組み合わせれば、どちらか片方だけ行うよりも能力が高くなりやすいです。

高速音読と速聴では、どちらも前頭葉と呼ばれるところが鍛えれらます。

前頭葉とは、脳の前のほうの部分です。そこが鍛えれられると、コミュニケーション能力や理解力が高くなるんですよ。

高速音読だけでも前頭葉をきたえらえるのですが、速聴もやればさらに鍛えられるのです。叫びたくなるほど鍛えられますよ!

速聴の効果を実感するためのテクニック

速聴で効果を実感するためには、いくつかのテクニックがあります。

そのテクニックを意識しなければ、速聴の効果がちいさくなってしまいいます。

速聴のテクニックは次のとおりです!

速聴のテクニック
  • イヤホンで集中して聴く
  • 慣れてきたらスピードをあげる
  • 興味のある本を聴く
  • 文章を見ながら聴く

イヤホンで集中して聴く

まず、一つ目のテクニックは「イヤホン」で聴くことです。

スピーカーで聴くのはおすすめしません。スピーカーだと、音が耳に直接はいってこないからです。

速聴をする時は、集中して聴いてください。そうすることで脳が鍛えれられやすくなります!

慣れてきたらスピードをあげる

速聴は、まずは2倍速からはじめましょう。2倍速とは、普通のスピードの2倍のととです。

はじめのうちは、2倍速でも聞き取るのが大変です。「はやい!ぜんぜん聞き取れない!」というのが普通なんですね。

でも、1週間も聴いてると、2倍速でも聞き取れるようになります。そして、2倍速が聞き取れるようになったら、2.5倍速に挑戦してください。

2.5倍に慣れてきたら、次は3倍、次は4倍。という感じでスピードを上げていってください。スピードが速いほど脳をきたえられます。

興味のある本を聴く

ここがすごく大切なポイントです。速聴に使う本は、興味のあるものにしてください。

興味のない本を聴いても、あまり集中できないんですよね。集中できないと、効果が出にくくなってしまいます。

でも、市販されてる速聴の本って、つまらない文章ばっかりなんですよ笑。ナポレオンヒルの自己啓発とか。

最近知ったのですが、Amazonにオーディオブックというサービスがあります。これなら好きな本や小説を速聴できます。

文章を見ながら聴く(逆聴)

最後のテクニックは、「文章を見ながら聴く」ことです。これは逆聴と呼ばれてるテクニックです。

このテクニックは効果的ですが、他のテクニックだけでも速聴の効果を体感できます。

先ほど紹介したAmazonオーディオブックでは、文章を見れないんですよ。聴けるのは音だけです。

もしこのテクニックをするなら、本を買わないといけません。それはお金がかかるので、お金に余裕のある人だけ逆聴をやってみてください。

速聴は4倍速までで十分。10倍速は必要ないです。

本屋には、10倍速の速聴CDが売られています。でも、10倍速は必要ありません。

10倍速は聞き取れない

10倍速の速聴CDがありますけど、あんなの聞き取れません。

私は8倍速まで体験したことがありますが、8倍速は異次元レベルでした。人間の聞き取れるスピードではありません。

10倍速なら絶対に不可能です。

4倍速までで十分

速聴の最大スピードは、4倍速までで十分です。4倍速が聞き取れるようになったら、頭の回転がエグいほど上がってますよ。

4倍速も聞き取れてないのに、5倍、6倍と上げる人がいます。でも、それは時間のムダなのでやめましょう。

4倍速を聞き取ることをゴールにしてください。

速聴のエビデンスを、京都大学の教授が明らかに

速聴って本当に効果があるの?

速聴の効果を疑う人もいるでしょう。ですが、速聴で頭が良くなることは研究で明らかにされています。

次のサイトでは、研究によって速聴の効果が明らかにされています。

高速音声を集中して聴くことで脳の働きが活性化、共同研究により判明
報道関係者各位プレスリリース                      2004年5月7日                       株式会社エス・エス・アイ  【通常よりも高速の音声を集中して聴く…

また、この研究には川島教授も参加されています。川島教授は、音読や100マス計算の研究を長年されている有名な方です。

川島教授は脳トレの権威ですので、速聴のエビデンスは信頼できます。

速聴は発達障害やADHDにも有効

速聴は、発達障害やADHDの改善にも有効です。

発達障害やADHDの人は、頭の回転が遅いことが多いです。頭の回転を速くすれば、改善が期待できます。

発達障害・ADHDの人は、話を聴くのがニガテ

発達障害(ADHD)の人は、人の話を聴くのがニガテです。話を理解しづらいからです。

速聴を続けると、理解する能力が高くなります。その結果、人の話を聞き取りやすくなりみます。

速聴に副作用(弊害)ってあるの?(うつ病の人はNG)

速聴は、普通にやっていれば安全なトレーニングです。

ですが、注意点がありますので気をつけてください。

速聴は1日に15分〜20分

速聴をする時間は、1日に15分〜20分にしてください。

たくさん聴いた方が効果があるんじゃないの?

速聴を30分もやると、脳が疲れすぎてしまいます。疲れすぎると、脳はなかなか回復できないんですよ。

速聴で頭が良くなるタイミングは、脳が疲れから回復したときです。

1日15分〜20分なら、すぐに回復できるので頭が良くなりやすいのです。

うつ病の人は速聴をやったらダメ

うつ病の人は、速聴をやったらダメです。絶対にやめてください。

うつ病の人は、すでに脳が疲れています。もし速聴をやったら、脳がさらに疲れてしまいます。そしたらうつ病が悪化してしまうのです。

うつ病の人は、興味本位で速聴をやったらダメですよ。うつ病を治したいなら、ゆっくり休息をとって、軽い運動からはじめてください。

まとめ

今回は、「高速音読と速聴の組み合わせ」が最強であることを説明しました。

高速音読だけでも頭の回転は速くなりますが、速聴もやるとさらに速くなります。

この記事では、速聴のテクニックとやってはいけないポイントを書きました。速聴で頭を良くしたい人は、必ず従ってください。

その通りにやれば、地頭がどんどん良くなっていきます。速聴で天才を目指しましょう!

今なら、40万冊以上の本の中から無料で読むことができます!(読書は知能を高めてくれますので、本を読まない人は人生を損しています)

【よく読まれている記事】

イケメンになりたい人は必見!イケメンになる方法のまとめ

地頭が良くなる本10選

価値観が変わる本10選

人生が変わったアイテム11選

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選