極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

高速音読で効果があった人の共通点。暗唱もやればヤバいよ。

スポンサーリンク
頭が良くなる方法
みなさんこんにちは!一流大卒の映画マニアです!

高速音読は、速く音読するだけのトレーニングですが、その効果は抜群です。

高速音読に成功した人たちは、口を揃えて次のような効果があったと言います。

成功者が実感した効果
  • 人の話を理解しやすくなった
  • 言葉がポンポン飛び出るようになった
  • 本を速く読めるようになった
  • 記憶力が高くなった
  • コミュニケーションが得意になった

ですが、高速音読に挑戦したのに「効果がなかった」と言う人もいます。

効果を実感できる人には、何か秘密があるのでしょうか?

今回は、効果を実感した人たちの共通点をまとめたいと思います!

この記事の対象!
  • 高速音読の効果を実感できない人
  • 高速音読で人生を変えたい人
スポンサーリンク

高速音読で効果があった人の共通点をまとめました

高速音読で効果のあった人たちには、共通点があります。その共通点とは、次のとおりです!

高速音読に成功した人たちの共通点
  • 3ヶ月以上続けている
  • 読むスピードをあげている
  • 理解しやすい本を使っている
  • 有酸素運動も組み合わせている
  • 速聴も組み合わせている
  • 毎日継続している
  • 休憩もしっかり取っている

3ヶ月以上続けている

高速音読で成果を出してる人は、3ヶ月以上続けている人がほとんどです。

逆に、効果が出ないと言ってる人は、1週間も続けていません。

なぜ成果を出すまでに3ヶ月必要かというと、脳が成長するために3ヶ月は必要だからです。

「高速音読やったけど、効果なかった」と言う人は、まずは3ヶ月は続けましょう。

読むスピードをあげている

2つ目の共通点は、読むスピードをあげていることです。

高速音読に慣れてくると、速く口が動くようになります。スピードを上げようと思えば上げられるのです。

スピードを上げるほど、脳を鍛えることができます。その結果、成果が出やすくなるのです。

理解しやすい本を使っている

3つ目の共通点は、理解しやすい本を音読していることです。

高速音読に使う本はなんでもいいと言われています。ですが、成功者は理解しやすい本を使っています。

理解しやすい本のほうが、楽しく音読できるんですよ。逆に、本の内容を理解できないとイライラしてしまいます。

楽しく音読した方がいいの?

脳が成長するタイミングは、楽しいと感じたときです。ですので、楽しいと感じながら音読した方が、効果が出やすいのです。

有酸素運動も組み合わせている

4つ目の共通点は、有酸素運動も組み合わせていることです。

有酸素運動(ジョギングやランニング)でも、頭が良くなります。

「脳を鍛えるには運動しかない」というベストセラー本でも、運動の大切さが書いてあります。

高速音読だけでは刺激が足りない人は、有酸素運動も組み合わせることでもっと脳を鍛えましょう。

速聴も組み合わせている

5つ目の共通点は、速聴も組み合わせていることです。

速聴とは、音声を速く聴くトレーニングです。

以前の記事にも書きましたが、速聴をすると頭の回転スピードが跳ね上がります。高速音読をしている人は、速聴もやってみてください。

高速音読と速聴は最強の組み合わせ。異常なほど頭が良くなる
高速音読をすることで人生が変わります。それに加えて、速聴もやれば頭が回転スピードが異常なほど速くなります。高速音読に取り組んでいる人は多いですが、速聴もやってる人は少ないです。速聴は高速音読よりも手軽にでき、なおかつ効果も高い方法なのです!

毎日継続している

正直、これが一番大切なことでしょう。6つ目の共通点は、毎日継続することです。

脳を成長させるには、毎日刺激をあたえないといけません。ですので、効果を得たいなら毎日高速音読すべきなのです。

効果がないと言ってる人は、たまにしか高速音読をやっていません。まずは3ヶ月毎日続けてみてください。

休憩もしっかり取っている

7つ目の共通点は「休憩もしっかり取っている」ことです。

休憩を取らずに、高速音読を続けるのはよくありません。高速音読をしすぎると、脳が疲れすぎてしまいます。

脳が疲れすぎると、脳が成長できないのです。脳を成長させるためにやっているのに、これでは本末転倒です。

長時間の高速音読は絶対にやめておけ!

「高速音読の効果を感じられない・・・よし!長時間やってみよう!」

こういう発想を抱く人が多いようです。絶対にやめてください。長時間の高速音読は危険だからです。

高速音読を長時間やると、逆効果

高速音読を長時間もすると、脳が疲れすぎてしまいます。すると、脳が成長しなくなって逆効果なのです。

ネット上には「高速音読を長時間やれば効果が上がる!」と書いてる人がいますが、危険なので絶対にやめてください。

高速音読は1日15〜20分!絶対に守ってね!

高速音読するのは、1日15〜20分にしましょう。

くれぐれも1時間、2時間もやりすぎないでください。効果を出したいならほどほどが一番なのです。

高速音読は、暗唱と組み合わせれば記憶力が跳ね上がる!

高速音読の効果を高めるテクニックに、暗唱を組み合わせることがあります。

暗唱とは、覚えた文章を声にだすことです。もちろん、何も見ずにです。

暗唱をすると記憶力が高くなる!

暗唱するには、まずは文章を覚えないといけません。文章を覚えようと頑張ることで、記憶力が高まります。

また、暗唱している時、記憶を担当している脳がはたらきます。ですので、暗唱すればするほど記憶力がアップするのです。

1分ぐらいで暗唱できる文章を覚えよう

暗唱する文章は、1分ぐらいで読めるものにしましょう。

あまりに長すぎると、覚えるのが苦痛だからです。

覚えた文章を高速で暗唱する

ここがポイントです。普通に暗唱するだけでなく、高速で暗唱するのです。高速で暗唱することにより、高速音読の効果も得られます。

高速音読だけでも記憶力を鍛えられますが、暗唱も組み合わせるとさらに物覚えが良くなります!

好きな文章を暗唱しよう

暗唱する文章は、自分が好きなものにしましょう。

好きな文章の方が覚えやすいですし、楽しくトレーニングできるからです。

前にも書きましたが、楽しくトレーニングした方が、脳は成長しやすいです。小説でもいいので好きな文章を覚えてください。

高速音読で、主に言語IQが高くなる

高速音読に成功した人たちは、主に言語IQが高くなっています。

コミュニケーションが得意になったり、文章を書くのが得意になったり。これらは全て言語性IQです。

言語IQが高いほど、社会で成功しやすい

言語IQが高い人は、社会で成功しやすいです。社会で成功してる人って、だいたい話がうまいですよね。

逆に、話下手な人は実力があってもなかなか社会で認められません。

話がうまい人ほど、上司に気に入られやすいのが社会です。ですので、言語IQを高めるほど社会で成功しやすいのです。

文章力も高速音読できたえられる

高速音読をすると、文章力も鍛えられます。文章力も社会で成功するために必要なスキルです。

上司への報告書などで、必ず文章が必要になります。高速音読をするとコミュ力だけでなく、文章力もアップします。

「長い文章を書けない・・・」と悩んでいる人は、高速音読をして文章力をアップさせましょう。

まとめ

今回は、高速音読で効果を実感した人たちの共通点をまとめました。

いずれの共通点も、理にかなっています。高速音読の効果を実感できない人は、今回紹介した方法を試してみてください。

また、高速音読をする時は、長時間するなどの間違った行為は絶対にしないよう注意しましょう。

今なら、40万冊以上の本の中から無料で読むことができます!(読書は知能を高めてくれますので、本を読まない人は人生を損しています)

【よく読まれている記事】

高速音読と速聴の組み合わせで頭が良くなりすぎる

地頭が良くなる本10選

価値観が変わる本10選

人生が変わったアイテム11選

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

高速音読と速聴は最強の組み合わせ。異常なほど頭が良くなる
高速音読をすることで人生が変わります。それに加えて、速聴もやれば頭が回転スピードが異常なほど速くなります。高速音読に取り組んでいる人は多いですが、速聴もやってる人は少ないです。速聴は高速音読よりも手軽にでき、なおかつ効果も高い方法なのです!