極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

65点【ソウ6の感想】フッ化水素の使い方に驚愕しました【考察】

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評

今回は映画「ソウ6」の感想とあらすじです!

(ジャンル・サスペンス&デスゲーム映画)

(Amazonでの評価は星3

ストーリー:殺人鬼ジグソウの妻に、死んだジグソウから箱が送られてくる。その中には、ジグソウの最後の標的をしめす写真が入っていた。

個人的な点数は65点ですね。ジグソウシリーズも終わりに近づいてきました。

さて、ひとまずあらすじへいきましょう!

予告はコチラ↓↓

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
スポンサーリンク

ソウ6のあらすじ

ジグソウの後継者は、保険会社の社長に狙いをつける。

社長は残忍で、命よりもお金を優先する。病気の人がやってきても、「あなたに保険は適用されません」と追いかえしていた。

ジグソウの後継者は社長をさらい、ゲームに参加させる。そのゲームでの人質は、社長の家族と社員たち。

ジグソウの後継者は「お前は、命の価値をただしく判断していない。今回のゲームで、お前は命の価値を判断できるようになるだろう」と社長に告げる。

ソウ6の感想と考察(ネタバレあり)

※ここからネタバレあります

 

 

今回のターゲットは、保険会社の社長です。保険会社って不正を行ってるイメージが強いので、ざまあみろって思いました笑。

保険料を払ってきたのに、病気になったら理由をつけて保険金がおりない。日本でも、このような不正が行われています。

ある有名な保険会社は、ひんぱんに不正を行ったことで訴えられてました。命よりもお金を優先するなんて信じられませんよね。

さて、ジグソウは「命の価値は、生きる意思で決まる」と言っています。でも、ゲームの内容はジグソウの言葉をあらわせてないのでは?

「家族がいる=生きる意思が強い」という理論でゲームが進みます。でも、家族がいなくても、生きる意思が強い人もいるでしょう。

例えば、iphoneを作ったスティーブジョブズ。彼は独り身でしたが、世界中の誰よりも生きたいと思っていたでしょう。

逆に、家族がいても生きる意思の弱い人だっているはずです。「なんだか変な理論で進んでるな〜」と思って観てました。

さて、ソウ6の一番の見せ場は、ラストシーンでの死に方でしょう。

妹のところにたどり着いた社長が、背中にホースを刺されて「フッ化水素」を流しこまれます。

この死に方はすごいです。意識があるまま、体が半分になるまで溶けていくんですから。

ソウ5のギロチンもすごかったですが、それを上回るほどの恐ろしい死に方でした。

さて、ラストでは、ジルがホフマン刑事にゲームをあたえます。いつかこんなシーンがくると思ってました笑。

「ホフマン刑事も死んだか」と思ったら、まさかの生還で驚きましたね。

手を自由にするため、ためらいなく腕の骨をつぶします。さすがジグソウに選ばれた男です。

ホフマンはジムにめちゃくちゃ恨みを持ったことでしょう。ジムへの復讐が予想されますね。

次はいよいよジグソウファイナル!まだ観ていないので、どうなるか楽しみです!

【よく読まれてる記事】

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

先が気になって仕方がない!サスペンス映画100選

泣かずにはいられない!ヒューマンドラマ映画100選

バッドエンド!後味の悪い映画55選

ラストが読めない!どんでん返し小説10選

もっと早くに読みたかった!価値観が変わる本10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス