自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

70点【ソウ4の感想】流産させた男のゲームだけ楽じゃない?【考察】

映画&ドラマ批評
スポンサーリンク

今回は映画「ソウ4」の感想とあらすじです!

(ジャンル・サスペンス映画)

(Amazonでの評価は星4

ストーリー:死んだジグソウを解剖していると、胃の中からテープが見つかる。テープには「このゲームは永遠に続く」と収録されていた。

個人的な点数は70点ですね。面白さとしては、ソウ2や3と同じぐらいですね。

さて、ひとまずあらすじへいきましょう!

予告はコチラ↓↓

映画「ソウ4」日本版劇場予告
ジグソウ死す。 原題「Saw IV」2007年 アメリカ 監督:ダーレン・リン・バウズマン 脚本:パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン 出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル、リリク・ベント、アシーナ・カーカニス 音楽:チャーリー・クロウザー

ソウ4のあらすじ

「悪人を救う」ため、ジグソウは残虐なゲームを悪人に仕掛けてきました。

ジグソウは死に、その遺体からテープが見つかります。そのテープには「私は死んでも、ゲームは続く」と収録されていました。

ある日、1人の警官の同僚が何者かに殺されます。残虐な殺され方で、ジグソウと手口がソックリ。

警官は犯人をうらみ、次こそは被害者を救ってみせると誓います。その日の夜、警官は何者かに襲われます。

目が覚めるとバスルームにおり、外に出ると1人の女性がいます。

その女性は身動きできず、頭はロープで縛られています。警官が近づくと、近くの機械が動きだして女性の頭の皮がロープで剥がされそうになります。

警官は女性を助けるため、機械を止めるための方法を探します。

ソウ4の感想と考察(ネタバレあり)

※ここからネタバレあります

 

 

相変わらずソウシリーズはグロいですね。あまりのグロさにシリーズ3で諦めていたのですが、今回ラストまで観る決心をしました。

さて、ソウ4で一番グロいシーンは、一番はじめの頭の皮がはがされるゲームでしょう。

皮がはがされるとか、想像するだけで痛いです!このシーンで観るのをやめたくなりました笑

被害者の女性はすごいですよね。頭の皮がはがれそうなのに、それでも主人公の警官を襲ってきます。精神力が尋常ではありません。

次の被害者のデブ男も、かなり悲惨な殺され方でした。目をつぶすか、手足をもがれるか手足をもがれると知っていても、目をつぶす決心はなかなかできません。

でも、制限時間が1分って短すぎじゃないですか?「選択肢はお前にゆだねる」って言っておきながら、1分じゃ混乱して選択できないでしょ笑

さて、ソウ4の見どころはジグソウの過去です。ジグソウは生まれながらの異常殺人者ではなかったようです。

ジグソウには妻がいて、子供が生まれる直前でした。ですが、病院から麻薬を盗もうとした男が、妻のお腹にドアを当てたせいで子供が流産します。

流産にショックを受け、ジグソウは異常殺人者に変わってしまったのです。ちなみに、病院にあった麻薬は医療用でしょう。

ジグソウのゲームって残虐さが度をこえてることが多いですが、流産させた男へのゲームは「意外といけるんじゃない?」って思いました笑

たいていのゲームでは、死ぬか体の一部を失わないと助かりません。でも、顔に傷が付くだけなら勇気を出せばいける気がします笑

この頃はジグソウも手加減をしてたのかもしれませんね。

さて、この映画のラストシーンには疑問が残りました。ジグソウのふりをしていた犯人が、警官の一人だったことです。

彼はなぜジグソウの信者になったのでしょう?そこが謎です。テープを聞いたから信者になったのか、あるいは前から信者なのか。

それはジグソウ5で明らかになるのでしょうか。先が気になるラストでしたね。

それにしても、主人公の警官は可哀想すぎません?笑

「確認もせずにドアを開けるな」という教訓を理解させるため、犯人は主人公をゲームに巻き込んだわけです。

確かに、確認もせずにドアを開けるのは危険です。もしもドアに爆弾が仕掛けてあったら、多くの犠牲者だって出ます。

警官という職業では、確認なしにドアを開けるのは重罪なのでしょう。それでも主人公が可哀想すぎる気がしますね笑。

ジグソウ4ではジグソウの過去という大きな謎が明らかになりました。ジグソウ5では、どんな謎が明らかになるのでしょう?続きが楽しみですね。

【よく読まれてる記事】

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

先が気になって仕方がない!サスペンス映画100選

泣かずにはいられない!ヒューマンドラマ映画100選

バッドエンド!後味の悪い映画55選

ラストが読めない!どんでん返し小説10選

もっと早くに読みたかった!価値観が変わる本10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス

コメント