極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

85点【タクシードライバーの感想】特別な人間になりたい男【考察】|Netflix

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評

今回は映画「タクシードライバー」の感想とあらすじです!

(ジャンル・サスペンス映画)

(Amazonでは1464レビューで、評価は星4!)

ストーリー:タクシードライバーの男性は、他の人とはオーラの違う絶世の美女を見かけてアプローチする。

個人的な点数は85点ですね。伏線が多く、上手に回収されているのがすごい。

さて、ひとまずあらすじへいきましょう!

予告はコチラ↓↓

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
スポンサーリンク

タクシードライバーのあらすじ(Netflix)

主人公の男性は、タクシードライバーです。

ある日、街の住民とは明らかにオーラのちがう美女を見つけます。

彼女は大統領選挙の広報活動を仕事にしており、主人公は仕事場をたずねて食事に誘います。

主人公「初めて会った時、君と僕には同じものを感じた」
女性「私もそう思っていたの。あなたって他の人とは違うわね」

主人公は女性の本質を見抜くようなことを言い、女性を映画へ誘うことに成功します。

しかし、選んだ映画が大失敗。明らかなポルノ映画で、女性は不快になり主人公と連絡をとらなくなります。

主人公は激怒し、恐ろしい計画を立てます。

タクシードライバーの感想と考察(ネタバレあり)

この映画を観始めたとき、主人公は女性(ベツィー)に恋をしていると思っていました。

魅力を感じてはいたのですが、目的は恋ではなく人生を変えることだったのです。

主人公は、タクシードライバーという職に嫌気がさしていました。客を乗せて会話をするだけで、毎日が同じです。

売春婦のアイリスを雇っていたスポーツという男。彼が主人公に、クシャクシャのお金を渡すシーンがありますよね。

そのお金を見た主人公は、売春婦という底辺にすら雑に扱われたと感じます。

タクシーに卵をぶつけてくる若者もいます。この映画では、タクシードライバーは誰からも見下されている職業なのです。

主人公はプライドが高く、人生を変えたいと心の底から願っています。そこでべツィーという女性に出会いました。

べツィーは周りとは違うオーラを放っていました。彼女と付き合えば、人生が変わると思っていたのでしょう。

しかし、ポルノ映画へ連れて行ってフラれ、「べツィーも普通の人間だったんだ」と悟ります。

べツィーにフラれてから、主人公は浮気現場を観察するために乗車してきた男と出会いますよね。

あの時、正義感の強い主人公は男に共感していたはずです。「浮気は悪。妻を殺したいこの男の考えは正しい」

その男に刺激され、主人公は銃を買うことを決心します。稼いだお金は貯金していたのでしょう。お金には困っていません。

そして主人公は、街で売春婦のアイリスを再び見かけ、タクシーで追いかけます。

そのシーンで、「殺してやる!殺してやる!あの女を殺してやる!」と叫ぶ男が映っていました。

これが重大な伏線だったんですよ。

映画のラストシーンで、売春宿の主人が「殺してやる!殺してやる!お前を殺してやる!」と同じセリフを言います。

「あの女を殺してやる!」というのがポイントです。逃げた女は殺されることを意味しています。

アイリスは「私がいなくなっても、他の女はたくさんいるよ」と言っていました。ですが、もしも逃げたら殺されていたことでしょう。

売春宿のスポーツは「俺にはアイリスしかいない」と言ってました。ですが、真っ赤な嘘ですね。恋愛感情をエサに、アイリスをつなぎ止めようとしているだけです。

主人公の男性は、アイリスに売春宿から逃げ出すよう説教します。目的は、正義感と承認欲求を満たすためです。

しかし、アイリスは「売春宿は居心地が良い」と言い、主人公はアテがはずれました。

アイリスが「逃げたい」と言えば、すぐに売春宿の人たちを殺していたことでしょう。ですが、望まれていないのに殺しても承認欲求は満たせません。

そこで、主人公は大統領選挙に立候補しているパランタインを殺害することを決めます。

その男を殺害すれば、主人公は犯罪者として時の人となります。正義感は満たせませんが、承認欲求は満たせます。

しかし、シークレットサービスに見つかってすぐに撤退。結局、売春宿の人間を殺すことに決めます。

全員を殺したあと、主人公は自殺しようとします。大量殺人をしたので、彼は刑務所に入れられると思ったはずです。

刑務所で惨めな人生を過ごすよりは、「悪人を殺して満ち足りた気分で死にたい」という考えでしょう。

しかし、弾が残っていないので自殺に失敗。その後、主人公は正義のタクシードライバーとして有名になります。

正義感と承認欲求を満たせた主人公は大満足です。ラストシーンでは、タクシーに乗ってきたべツィーを清々しい気持ちで見送ります。

べツィーへの恋愛感情は残っているのでしょうが、それよりも「人生を変えられた」という満足が強く伝わってきました。

伏線が多いので、かなり見応えのある内容でした。意味深な映画が好きな人にはたまらないストーリーだと思いますね!

【よく読まれてる記事】

先が気になって仕方がない!サスペンス映画100選

泣かずにはいられない!ヒューマンドラマ映画100選

バッドエンド!後味の悪い映画55選

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

ラストが読めない!どんでん返し小説10選

もっと早くに読みたかった!価値観が変わる本10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス