極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

30点【サークルの感想】途中で飽きる。ラストも意味はない【考察】|Netflix

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評

今回は映画「サークル」の感想とあらすじです!

(ジャンル・サスペンス&サバイバル映画)

ストーリー:謎の部屋に集められた50人は、円を描くように並んでいる。彼らは、多数決で1人ずつ殺す人間を決める。

個人的な点数は30点ですね。内容がなさすぎるB級映画です。

さて、ひとまずあらすじへいきましょう!

予告はコチラ↓↓

「密室に50人、1人しか生きて出られない」の無駄話、映画・サークル
👇👇👇耳で聴く映画👇👇👇 👇👇👇 FM・ラジオ 👇👇👇
スポンサーリンク

映画「サークル」のあらすじ(Netflix)

謎の部屋に50人の男女が集められ、円を描くようにならんでいます。

人種は様々で、黒人、白人、アジア人がいます。年齢も様々で、子供から老人までいます。

突然カウントダウンが始まり、それが終わると1人がピンク色の光によって殺されました。

彼らは状況を理解できず、あせります。1人がルールに気付き、多数決によって殺す人を決めることを周りに知らせます。

ルールが分かっても、殺す人を決めるなんて簡単にはできません。

周りが悩んでいる中、1人の少年が「老人から殺そう」と提案します。

映画「サークル」の感想と考察(ネタバレあり)

本当に中身のない映画。ルールが単純すぎて、多数決で殺す人を決めるだけです。

生き残りを決めるサバイバル映画では、内容を深くするならルールを複雑にしないといけません。

子供でも理解できるルールと言えばそうですが、中身のある映画を期待していた人には物足りない内容です。

この映画の内容は最初から最後まで、1人ずつ多数決で殺していくだけです。

人種差別や、人を傷つけるようなことを言った人間から死んでいく。途中から「こいつ殺されそうだな」と予想が付くようになります。

集められた50人に共通点があるのかと思いましたが、、結局は共通点はありませんでした。

共通点を探すために1人1人自己紹介したのに、まったく意味がありません。

前半で出てきた、「交通渋滞から船に連れ去れられた」という伏線も回収せず

個人的に気に入らなかったのは、子供のワンパターンな演技です。自分が選ばれそうになったら泣き、生き残ったらすぐ泣き止む。

こんな子供っていますか?いるわけないですよね笑。子供だったら、1度泣いたらしばらく泣き止みません。

子供が泣くシーンが3回ぐらい繰り返され、「もうその流れはいいよ」と飽き飽きしていました。

さて、肝心のラストについて。青年が子供をだまして自殺させ、妊婦も殺します。でも、ゲームは終わりません。

一瞬「青年も死ぬのか?」と思いましたが、妊婦のお腹にいた子供がプレイヤーとして生き残っていたのです。

その子供も殺し、青年は生き残ります。そして、気づくと青年は外にいます。

外を歩いていると、人を見かけます。大部分は「子供」と「妊婦」でした。

どうやら、50人以外にもゲームが行われていたようです。「子供」と「妊婦」は優先されるので有利なんですね。

みんな遠くを見つめています。主人公もその方向を見ると、空にはUFOが飛んでいます。

どうやら、50人の殺し合いは宇宙人によって仕組まれたものだったようです。

ラストシーンで「淘汰(とうた)」という言葉が強調されていましたので、優秀な人間を選ぶためだったのでしょう。

宇宙人の考える優秀とは、「若い」または「ずる賢い」です。

若い人間とは、子供または妊婦のお腹にいる赤ちゃん。ずる賢いのは主人公のような青年です。

ラストシーンからどうなるかは分かりませんが、生き残った人々は宇宙人の奴隷になるか、新しい文明を築くために使われるのでしょう。

意味深なオチですが、脚本を書いた人は何も考えていないでしょう。それっぽい終わらせ方をしただけと思います。

頭を使わずに見れるB級映画です。友達と集まって観れば、多少は面白いかも。1人で観るのは時間のムダです。

【よく読まれてる記事】

先が気になって仕方がない!サスペンス映画100選

泣かずにはいられない!ヒューマンドラマ映画100選

バッドエンド!後味の悪い映画55選

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

ラストが読めない!どんでん返し小説10選

もっと早くに読みたかった!価値観が変わる本10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス