極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

80点【ザ・サークル】プライベートのない世界は地獄でしょ!【感想&考察】|Netflix

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評

今回は映画「ザ・サークル」の感想とあらすじです!

(ジャンル・サスペンス&近未来映画)

(Amazonでのレビュー数は24回!評価は星3.5!)

ストーリー:私生活すべてがカメラで映され、他人に見られる世界

個人的な点数は80点ですね。エマ・ワトソンとトムハンクスが共演する豪華な映画。

さて、ひとまずあらすじへいきましょう!

予告はコチラ↓↓

ザ・サークル(吹替版)
世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業〈サークル〉。憧れの企業に採用され、奮起する新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけに、創始者でありカリスマ経営者のイーモン(トム・ハンクス)の目に留まり、自らの24時間をすべて公開するという新サービス〈シーチェンジ〉のモデルケースに大抜擢される。瞬く間に100...
スポンサーリンク

ザ・サークルのあらすじ(Netflix)

主人公の女性は、友人のすすめで「ザ・サークル」という会社に入社します。

その会社では「SeeChange(スィーチェンジ)」という小型カメラを作っています。カメラに映る情報は、世界中の人が見ることができます。

ザサークルの社長は、「プライベートがあるから人は悪いことをする」「個人の情報はみんなの物」という信念を持っています。

そのため、彼は小型カメラでプライベートのない世界を目指しています。

社長の考えに感化され、主人公の女性は小型カメラの実験第一号となります。

ザ・サークルの感想と考察(ネタバレあり)

まず一言。プライベートは必要だろ!私はプライベートのない世界なんて考えられないです。

ザサークルの社長は「プライベートがあるから人は悪いことをする」と考えます。

確かに、悪いことばかりするならプライベートは必要ないでしょう。

ですが、だらしない姿勢でのんびりしたり、イライラして大声を出したりするのは悪いことでしょうか?違いますよね。

プライベートは、「普通だけど他人には見られたくない事」をするためにも必要なのです。

もし、プライベートがなくなったら、多くの人はストレスで発狂するでしょう。24時間くつろげないわけですから。

さて、この映画で怖いのはザ・サークルの社員です。彼らは完全に、「プライベートのない世界」を理想郷と信じています。

社員は、面白そうな光景を目にしたら躊躇なくカメラを向けます。そして、世界へ配信することでこの上ない満足感をえます。

ザサークルの社員は異常です。でも、私たちの世界にもこういう人間がいるんですよ。

面白いと思ったら写真に撮ってツイッターやインスタに挙げる。誰かを不快にさせようと、シャアしたい欲求に勝てないのです。

ザサークルが現実になったら、ツイッターやインスタに慣れている人は信者になりやすそうです。

この映画では、モーリーという主人公の友人がさらし者にされました。このシーン、現実で普通に起きそうなので見ていて怖かったです。

私が違和感を感じたのは、モーリーを失った主人公が考えを変えなかったことです。

ラストでザ・サークルの社長に復讐しました。でも、その後もプライベートのない世界を推進し続けます。

ラストシーンでは、ドローンが主人公の様子を世界中へ配信しています。

友人を亡くしたのに、それでも考えを推し進める主人公。まともな性格に見えましたが、変わっているのでしょう。

モーリーへの後悔は吹き飛んでしまったのでしょうか?

カッコよく終わらせた感がありますが、私にはモヤモヤが残りました。納得のいくラストでしたら、もっと高評価でしたね。

【よく読まれてる記事】

先が気になって仕方がない!サスペンス映画100選

泣かずにはいられない!ヒューマンドラマ映画100選

バッドエンド!後味の悪い映画55選

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

ラストが読めない!どんでん返し小説10選

もっと早くに読みたかった!価値観が変わる本10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス