極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

サスペンス好きの映画マニアが選ぶ、どんでん返し小説10選!

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評
みなさんこんにちは!映画マニアです!

私はこれまで、数多くの映画を観てきました。

特に好きなジャンルはサスペンスのどんでん返しものです。最後まで展開を読めないので、ドキドキしながら視聴できるからです!

映画マニアの私ですが、小説もよく読みます。ジャンルはもちろんサスペンスが多いです!

今回は、どんでん返し小説で特に面白かったものを10冊紹介したいと思います!

この記事の対象!
  • 先の読めないどんでん返しが好きな人
  • 殺人などの描写があっても平気な人
スポンサーリンク

サスペンス好き映画マニアが選ぶ、どんでん返し小説10選

それでは、どんでん返し小説の中で、特に面白かったものを10冊紹介していきます!

①オーブランの少女

2人の姉妹が、誰からも羨ましがられるような素敵な家に住んでいます。

ある日、その家でパーティーがありました。みんなが楽しんでいる時、急に悲鳴が聞こえます。

かけつけてみると、姉が汚い老婆に殺害されていたのです。その数日後、妹は首を吊って自殺しました。

妹の日記帳が見つかり、そこには老婆が何者なのか記されていました。

汚い老婆が何者なのか、なぜ妹は後を追って自殺したのか、謎だらけの始まり方です。

この老婆の正体を知ると、本当にゾッとします。

②クリムゾンの迷宮

主人公は目が覚めると、見たこともない場所にいました。火星のような風景で、周りには何もありません。

主人公以外にも人がおり、全員そこがどこか分からないようでした。

その場所から脱出するため、主人公たちはその場所を探索します。

ゲームの中のようなお話です。いろんな場所を探索してアイテムを見つけたりします。

生き残って脱出するには条件があり、普通の人間では達成できないようなものです。

③この闇と光

少女はある国のお姫様です。ですが、目が見えないので家に居るしかできません。

父である王様が、少女のお世話をしています。少女にとって、父と過ごす時間が何よりの楽しみです。

しかし、自体は急変していきます。父は外出する日が多くなり、少女は1人で過ごさなければいけない時間が増えました。

このどんでん返しはすごいです。すっかり騙されました笑。

この少女は何者なのか、なぜ目が見えないのか。謎が解けるとスッキリします!

④ハンガーゲーム

主人公の住んでいる国には、12の地区があります。それぞれの地区から少年と少女が1名ずつ選ばれ、殺しあいます。

そして、生き残った1人は裕福な生活を送れる権利を手にします

ハンガーゲームは映画にもなった超有名作品です。映画の方も観ましたが、小説の方が圧倒的に面白いです!

6冊ありますが、最後まで一気読みしてしまうほど先の気になるストーリーでした!

⑤黒い家

主人公は生命保険会社で働いています。ある日、客の家に保険の相談で呼び出されます。

その家へ行くと、1人の子供が首吊りで死んでいました。その家の家族は、子供の保険料をせがんできます。

家族の様子が明らかにおかしいので、主人公は家族に殺されたと確信します。

これは本当に怖い話です!

この本を読んでいる時は、想像力をかき立てないほうがいいでしょう笑

⑥アクセス

主人公の少女は、亡くなった友人のショックから立ち直れていません。

そんなある日、携帯電話に謎のメッセージが届きます。「お前が殺したんだ」

イタズラ電話だと思い、気にしていませんでした。ある日、携帯の料金が無料になるサイトを知ります。

そのサイトには不思議な力が働いており、主人公たちは別世界へと飛ばされます。

めちゃくちゃ気持ち悪いシーンが出てきます。今でもそのシーンを覚えています。

仮想空間に入るというなかなか面白い設定。そこから抜け出るための方法もかなり秀逸です。

⑦夜市

夜市という市場があります。何でも買うことができ、若さでも頭の良さもあつかっています。

主人公とその弟は、子供の頃に夜市へと迷い込みます。夜市から出る条件は1つ。夜市で物を取引することです。

しかし、主人公と弟は子供なのでお金を持っていません。主人公は怖くなり、弟を売ることで家へ帰りました。

家へ帰ると、弟は存在しない世界になっていました。ですが、兄の記憶には弟がいます。

弟を取り戻すため、兄は大学生になってから夜市へと向かいます。

この小説は短編集です。1作品はだいたい70ページほどです。ホラー大賞を受賞していますが、怖いシーンはあまりないです。

読んでいるとき、なんだか懐かしい気持ちになります。

⑧モニタールーム

3人の男の子と1人の女の子が、仲良く暮らしています。

彼らは監視されていますが、食べ物や遊び道具には困りません。

ある日、謎の場所へと連れられて命令されます。

「家へ帰りたければ、地雷原を歩きなさい」

リアル鬼ごっこで有名な、山田悠介さんの作品です。

山田悠介さんの作品は「中身が薄い」と酷評されがちですが、サッと読めるので個人的には好きです。

モニタールームは、山田悠介さんの作品の中でも特に印象に残っている作品です。

⑨豆の上で眠る

主人公には、姉がいます。ある日、神社で姉と遊んでいると姉が何者かに誘拐されます。

犯人からの連絡は全くありません。身代金が要求されません。

何ヶ月も待っていると、突然姉が家に帰ってきました。しかし、その姉は全くの別人なのです。

それなのに、主人公(妹)以外の家族は当然のように受け入れています。

闇の深いストーリーが得意な、湊かなえさんの作品です。

なぜ姉は以前と違うのか。明らかに違うのに、なぜ母親や父親は姉を受け入れているのか。

この謎が解けたとき、複雑な心境に陥ります。

⑩その女アレックス

主人公のアレックスは、夜に歩いている時、何者かに襲われて監禁されます。

身動きの取れない箱に入れられ、犯人から告げられます。「お前が死ぬのを見たい」

箱の中にいると姿勢が辛くなり、拷問のような苦しさを味わいます。

この小説は、お手本のようなどんでん返し小説です。

アレックスが閉じ込められているシーンは、序章にすぎません。そこから大きく話が変化していきます

疑問に残る点はいくつかありますが、全くラストを予想できない内容がすごいです。

まとめ

今回は、サスペンスが大好きな私が、本当に面白いどんでん返し小説を紹介しました!

どの小説も先の展開を読めず、最後までドキドキしながら読めます!

この記事がサスペンス好きの方のお役にたてばうれしいです!

【よく読まれている記事】

地頭が良くなる本10選

価値観が変わる本10選

人生が変わったアイテム11選