極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

【効果なし】ウィンウェンガーのイメージストリーミングを実践

スポンサーリンク
頭が良くなる方法

ウィンウェンガートレーニングをご存知でしょうか。ウィンウェンガートレーニングとは、知能を40%も高める方法のことです。

私がトレーニングを知ったきっかけは、ウィンウェンガー博士の「頭は3週間で良くなる」と「アインシュタインファクター」を読んだことです。

どちらも実践してみたのですが、ハッキリ言って効果はありませんでした。

今回は、ウィンウェンガートレーニングの内容と、その体験談について書いてみます。

この記事の対象!
  • ウィンウェンガートレーニングについて知りたい人
  • ウィンウェンガートレーニングの実践報告が気になる人
スポンサーリンク

ウィンウェンガートレーニングのやり方まとめ

ウィンウェンガートレーニングは、ドーマン博士の開発したドーマン法に基づいています。

イメージストリーミングに関しては、ウィンウェンガー博士のオリジナルです。

ウィンウェンガートレーニングでは赤ちゃんに戻るのが大切

ウェンガートレーニングのコンセプトは、赤ちゃんに戻って脳の成長過程を追体験することです。

赤ちゃんの時期に脳は急激に発達します。赤ちゃんの行動をマネすることで、知能を急成長させられると考えているわけです。

ウィンウェンガートレーニングの効果は、40%の知能向上

ウィンウェンガー博士の本には、トレーニングによって知能が40%向上すると書いてあります。

トレーニングの成功者は「頭の回転が速くなった」「景色が3次元的に見えるようになった」「感覚が鋭くなった」と報告しています。

かなり魅力的な効果ですよね。この効果に惹かれ、私もトレーニングを始める決意をしました。

マスキングのやり方

マスキングとは、紙袋に口を付けて呼吸をする方法です。

紙袋に吸った息を吐くので、だんだんと息苦しくなってきます。息苦しくなるのは、二酸化炭素が体内に入るからです。

二酸化炭素で体内が満たされると、体は酸素を求めるようになります。酸素を増やすため、血管が広くなります。

血管が広くなると、脳へ供給される酸素の量が増えます。脳は酸素が多いほどよく働くので、マスキングによって脳の回転は早くなります。

マスキング後はスッキリした気持ちになるので、気分転換にもなります。

ウィンウェンガートレーニングは3週間に渡って行います。マスキングは3週間の間、30分おきに行う必要があります。

仕事や学校に行っている間は、マスキングをするのは不可能でしょう。ですので、家にいる間だけでも30分おきにやりましょう。

ハイハイ

ハイハイトレーニングは1日に2時間やります。2時間もやると手首やひざに激痛が走ります。

赤ん坊ならば体重が軽いのでそのようなことにならないのでしょう。体重の重い大人がやるのは大変です。

ハイハイで期待できる効果

ハイハイトレーニングのポイントは目と手の協調です。中脳を鍛える効果があります。

ハイハイの最中、目線は常に手にむかいます。その結果、目と手の距離感が掴めるようになるのです。

手先が器用な人は、手と目の距離を正確に把握しているのです。

手と目の協調を意識するという点で、ハイハイはビジョントレーニングと似ています。

ビジョントレーニングは目の能力を引き出すトレーニングであり、プロ野球選手の訓練にも採用されています。

ハイハイとビジョントレーニングの両方を行えば、眼の能力を効率的に鍛えられるでしょう。

腹這い

腹ばいトレーニングのやり方は、お腹を地面に付けて這うだけです。このトレーニングは1日に10分間を3回行います。

ハイハイよりも時間は短いのですが、地面を這うのはかなり難しくて大変です。狭い部屋だとさらに難しいでしょう。

腹這いに期待できる効果

腹ばいトレーニングは、物の色を認識する力を高めてくれます。いつも見ている物の色が、よりハッキリ見えるようになります。

爬虫類の動きをマネしたものでして、橋脳を鍛えられるようです。

潜水

潜水は1日に20分行います。場所はプールでもお風呂でも構いません。

ただ、プールに通うには別途の費用がかかるし通うのも大変です。潜るだけですので、お風呂でも十分です。

お湯はぬるま湯でやるのがいいでしょう。お風呂が熱いと、潜水に集中ができません。

眠い時は、潜水をやらないようにしましょう。潜水を眠い時にやり、窒息しそうになった人もいるようです。

潜水に期待できる効果

潜水をすると、胸囲が大きくなり、肺活量が高くなります。肺活量が高くなると、知能が高くなります。

脳は酸素をエネルギーとしています。肺活量が増加すると呼吸で取り込める酸素が増え、頭が働きやすくなります。

また、肺活量が増えて呼吸を長く止められるようになると、集中力が高くなります。

人は集中する時に呼吸を止めます。呼吸を長く止められるほど、集中できる時間も長くなります。

うんていトレーニング

うんていとは、頭上の棒を掴んで前へ進んでく運動のことです。小学校の頃、うんてい遊具があったと思います。

この訓練は大人がやる場合、体重が軽くないと難しいです。私もうんていに挑戦してみましたが、体重が重かったのでできませんでした。

うんていに期待できる効果

うんていトレーニングに期待できるのは、前頭葉の発達です。

前頭葉が発達すると、頭の回転が速くなります。集中力や理解力が高まるのです。

ウィンウェンガートレーニングを3週間やってみた

ウィンウェンガートレーニングを3週間やってみましたが、全く効果がありませんでした。

実践したのはハイハイと潜水のみ

私が実践したのは、ハイハイと潜水だけです。マスキング、腹這い、うんていはできませんでした。

ウィンウェンガートレーニングの効果を得られなかったのは、それが原因かもしれません。

効果を感じている人をネットで調べると、それらのトレーニングもちゃんとやっているようです。

ハイハイ2時間が地獄すぎた

ウィンウェンガートレーニングで大変だったのは、ハイハイトレーニングです。

これは本当に大変でした。手首と膝が痛すぎるんですよ。特に手首の痛みは半端なかったです。

ネットの情報通り、中指に焦点をあてるように意識していました。でも、残念ながら効果はなかったですね。

「奥歯を噛み締めると良い」と書いてありましたが、奥歯を噛み締めると、翌日に歯茎が痛くなるのでやめました。

潜水は気分によって潜れる時間が変わる

潜水は気分によって潜れる時間が変わりました。

気分の良い時は3分ぐらい潜れますが、気分が良くないときは2分も潜れません。

「潜り続けてたら安定するのかな〜」と期待しましたが、そんなことはありませんでしたね。

ただ、トレーニング前と比べたら潜れる時間は長くなりました。脳への効果はよくわかりません。

ウィンウェンガートレーニングは効果があるのか?

ネットで調べると、「ウィンウェンガートレーニングで効果が出た!」と報告する人もいれば、私のように効果が出なかった人もいます。

効果が出た人は、「視界が明るくなった」「感覚が鋭くなった」と報告しています。もっともらしい感想なんですよね。

私もジョギングを続けていた頃、視界が明るくなったり、感覚が鋭くなることがありました。

感想から判断するに、ウィンウェンガートレーニングは効果のある人には効果があるのだと思います。

一方で、私のように全く効果を感じない人もいます。ウィンウェンガートレーニングが気になるなら、一度チャレンジすることをオススメします。

自分に効果があるかどうかは、やってみないと分からないからです。

ウィンウェンガーのイメージストリーミング

ウィンウェンガートレーニングの解説が終わったので、次はイメージストリーミングの解説に移ります。

イメージストリーミングは、ウィンウェンガー博士のオリジナルトレーニングです

ウィンウェンガー博士は、今ではイメージストリーミングを強くオススメされています。

ただ、博士のホームページでは潜水やハイハイもまだ推奨されています。

イメージストリーミングのやり方

イメージストリーミングでは、ボイスレコーダーを使います。

イメージストリーミングでは最初に、目を閉じて深呼吸し、リラックスします。

そして、頭の中に浮かんだイメージをボイスレコーダーに向かって話します。

アインシュタインファクターには大声で話すと書いてありますが、原著には書いていないようです。ですので、大声でなくてもいいと思います。

ボイスレコーダーに向かって、五感を説明する

ボイスレコーダーにイメージを説明するとき、大切なのは五感を説明することです。

例えば、アイスを食べている光景をイメージしたとします。

ボイスレコーダーには、「アイスの味」「香り」「色や形」「手触り」「食べた時の音」などを解説します。

イメージを言語化することで、右脳と左脳を刺激できる!

イメージストリーミングでなぜ脳が鍛えられるかというと、右脳と左脳を刺激できるからです。

右脳はイメージ、左脳は言語理解の役割を持ちます。

イメージする行為で右脳を刺激でき、説明する行為で左脳を刺激できるのです。

イメージストリーミングで言語力アップし、五感が鋭くなる

イメージストリーミングにより、説明する力、つまり言語力がアップします。

また、五感をフルに使うので、五感が鋭くなる効果もあります。

イメージストリーミングを2週間やってみた

イメージストリーミングを2週間やってみた感想を報告します。

残念ながら、効果なし

2週間続けてイメージストリーミングをやってみましたが、効果はありませんでした。

感覚が鋭くなったり、言語能力が高くなった感じもありません。

ウィンウェンガートレーニングは3週間必要なので、2週間は少なかったのかもしれません。それにしても、効果は全然でしたね。

イメージストリーミングは思った以上に難しい

イメージストリーミングは思った以上に難しいトレーニングでした。

ウィンウェンガートレーニングような肉体的疲労はありませんが、五感を説明するのが難しいのです。

イメージに集中し、それを五感で感じる。今まで、イメージに五感を感じる経験なんてしたことがなかったので、難しかったです。

無理やり五感で感じ、それを説明している感じでした。

2台トレーニングもやったけど、効果なし

ボイスレコーダーの2台トレーニングもやってみました。

まず、ボイスレコーダーに声を録音します。その録音音声を聴きながら、別のボイスレコーダーにイメージを説明する。

このテクニックは、イメージストリーミングの効果を倍増させると書いてありました。ですが、このテクニックも効果がなかったです。

イメージストリーミングで成果が出た人たち

ネットで調べるとイメージストリーミングにより、「立体把握が得意になった」「イメージが鮮明になった」「感覚が鋭くなった」「感情豊になって涙もろくなった」と報告する人たちがいます。

どの能力も欲しいのですが、残念ながら私は手に入れられませんでした。また余裕のある時に再チャレンジしたいですね。

まとめ

知能が40%向上するというウィンウェンガートレーニングを紹介しました。

トンデモトレーニングで有名な方法でしたが、効果が気になったので実践。結果的に効果は得られなかったです。

五感が鋭くなる効果を一番期待してたんですけど、なかなかうまくいきませんね。

また再チャレンジすることがあれば、結果を報告したいと思います!

今なら、40万冊以上の本の中から無料で読むことができます!(読書は知能を高めてくれますので、本を読まない人は人生を損しています)

【よく読まれている記事】

地頭が良くなる本10選

価値観が変わる本10選

人生が変わったアイテム11選

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選