極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

60点!【Netflixオクジャ(映画)】観た感想!あらすじとネタバレあり!

スポンサーリンク
映画&ドラマ批評

Netflix映画のオクジャを観てみました!

ちょっとした冒険っぽい感じと、現代の食糧危機をからめたストーリーです。

個人的には、100点中60点ですね。

さて、まずはあらすじへ移りましょう!

スポンサーリンク

Netflixオクジャ(映画)のあらすじ

主人公は「ミジャ」という名の女の子です。

ミジャは、韓国(中国?)の田舎で「オクジャ」という豚と過ごしています。

オクジャはとても体の大きい豚で、普通の豚の何回りも大きいです。

なぜオクジャがこんなに大きいのかというと、オクジャは「スーパーピッグ」という特別な種類の豚だからです。

スーパーピッグは人工的に作られた豚でして、人類の食糧危機を救うために研究されていました。

スーパーピッグが作られてすぐ、コンテストが開催されました。

そのコンテストの内容は、【誰が一番大きなスーパーピッグを育てられるか】というものです。

オクジャもそのコンテンストに参加しています。ですが、ミジャはそんなことを知りません。

大自然の中でミジャとオクジャは一緒に成長してきました。

オクジャが子供の頃から、ミジャはずっと世話をしてきたのです。

そんなある日、ミジャの家に有名なテレビスターがやってきます。

そのテレビスターはオクジャを見て驚きます。

「こんなに大きくなったのか!」

そして、テレビスターはミジャとミジャの祖父に表彰を送ります。

ミジャはなぜ表彰が送られたのか分かっていません。

祖父はコンテストのことを知っていますが、ミジャは知らないからです。

そして、テレビスターは言い放ちます。

「ありがとう!オクジャをニューヨークへ連れて行くよ!」

ミジャはニューヨークという言葉は聞き取れました。ですが、まだ話を掴めていません。

テレビ撮影が終了したあと、祖父はミジャに告げます。

祖父「オクジャはニューヨークへ連れて行かれるんじゃよ」

ミジャ「Why?おじいちゃん?」

ミジャは驚きます。ミジャにとってオクジャは家族の一人です。

家族の一人がいなくなるので、ミジャは祖父に苛立ちをあらわにします。

祖父「でもな、これが定めなんじゃ」

祖父は完全に諦めムード。もちろん、ミジャはそんな話に納得するわけがありません。

ニューヨークの前にオクジャはソウルへ連れて行かれると知り、家のお金を集めて一人ソウルへ向かいます。

Netflixオクジャ(映画)の感想(ネタバレあり)

まあ、全体的に悪くはないのですが、ちょっと物足りない感じです。

少し子供向けを意識した作りになっているので、そこが関係しているのかも。

ブラックミラーというドラマの、「アシュリー・トゥー」を観たような感じ。(伝わりますかね?笑)

個人的に、子供が主人公の映画って深みを感じづらいんですよね。

イマイチ感情移入できませんし、主人公の子供を無視して大人の考えが主役になりがちですし。

「オクジャ」でも、主人公の女の子、影が薄いです笑。

人間と動物の共生をテーマにしてるんでしょうが、それが先行しすぎて主人公が目立ってないんですよ。

わざわざ子供を主人公に起用してるのに、もっと生かすことはできなかったんか?と思います。

共生をテーマにしたいなら、まず大人と子供が共生してくれ〜って感じです笑

さて、話変わって、この映画のテーマについて深く突っ込んでいきましょう。

人類の食糧危機を救うため、ある企業はスーパーピッグという豚を研究する。

でも、人間のエゴで生物を作ってはいけない!という政府に反発する団体が出てきます。

これは難しい問題ですよね。

人間のためだけに生物を作るべきではありません。

でも、企業も人類のためを思ってそのような行動を取ってるわけです。

この映画では、国民が「企業の人間はサイコパスだ!」と叫ぶシーンが出てきます。

「でも、企業も国民のためを思ってやってるんだよ?ちょっと勝手すぎない?」というのが私の意見です。

企業がそのような取り組みをしなければ、人類は飢えに苦しむわけですよ。

「飢えに苦しんでも、同じ主張が言えるのか?」と、私は国民達に言ってやりたい。

人間は自分勝手な生き物なんですよ。本当に。

この映画でもそれを比喩するシーンが出てきてましたね。

スーパーピッグに同情していた国民ですが、そのお肉が美味しいという評判を聞くと、興味津々になります。

食欲は人間の三大欲求ですからね。可哀想という気持ちも、食欲の前には消えてしまうんですよ。

だからといって、スーパーピッグの考えが良いとは思いませんよ。

でも、「スーパーピッグ」という具体的な解決策を考え出してくれた企業を、一方的に悪者に仕立て上げる流れもおかしいです。

企業の人も鬼ではないんですよ。最後、ミジャの金の豚とオクジャの交換要求も飲んでくれましたし。

鬼のような人であれば、あんな要求をあっさり飲むはずがありません。

「人間の身勝手さが出すぎ」&「最後のオチが微妙」だったので、100点中60点の映画です。

【よく読まれてる記事】

先が気になって仕方がない!サスペンス映画100選

泣かずにはいられない!ヒューマンドラマ映画100選

バッドエンド!後味の悪い映画55選

自宅で極上の映画鑑賞ができるアイテム10選

ラストが読めない!どんでん返し小説10選

もっと早くに読みたかった!価値観が変わる本10選

映画マニアが選ぶ!映画鑑賞に適したVODサービス