Netflixブラック・ミラー「虫けら掃討作戦」の感想

この記事を読むのにかかる時間: < 1

ブラック・ミラーの「虫けら掃討作戦」を観終わりました。

今回はとうとうゾンビが出てきます!

海外映画やドラマといえばゾンビですが、これまでの回では出てきませんでした。

今回のゾンビは、「虫けら」と呼ばれています。

見た目は他のゾンビ映画に出てくるバケモノ系ですね。

叫び声も完全にゾンビです。

ラストに仕掛けを用意しているブラック・ミラーシリーズ。

今回のゾンビものも普通のとは一味違います!

それではあらすじです。

Sponsored Links

Netflixブラック・ミラー「虫けら掃討作戦」のあらすじ

軍隊の人たちが、「虫けら」と呼ばれる生物の捜索を行なっています。

「虫けら」の見た目はバケモノで、言葉を話すこともできません。

それに「虫けら」は人間に感染する病気を持っており、それが広がると人類は滅亡してしまいます。

そのため、軍隊の人たちは「虫けら」の駆除に躍起になります。

主人公(男性)も軍隊のメンバーであり、初の「虫けら」掃討では2体倒します。

しかし、その時に一体の「虫けら」に青い光を見せられます。

それ以降、主人公はいつもとは違う感覚を感じるようになります。

病院に見せても特に異常はなく、カウンセリングに相談しても問題はなし。

違和感の正体を掴めないまま、次の掃討に参加します。

その掃討では「虫けら」が今まで異常に抵抗します。

それでも軍隊の力は強く、次々に「虫けら」を退治していきます。

しかし、「虫けら」の住処に入った時に主人公は重大に事実に気づきます。

Netflixブラック・ミラー「虫けら掃討作戦」の感想

途中から何となくオチに気づく人もいるかもしれませんね。

虫けら掃討作戦をしている理由は、非常に古臭い考えでした。

いくら技術が発展しようと、この未来になることは100%ないでしょう笑

技術が発展してる割には出てくる風景や建物が古く、少しアンバランスな印象を受けました。

虫けら掃討作戦を続けるか、または永遠の苦しみを味わうか。

なぜこの選択肢??という感じです。選択肢が極端すぎるでしょう笑

設定が少し都合良すぎるかなーというのが一番の感想ですね。

全体的には引き込まれるシーンが多く、なかなか面白い作品だと思いました。

ブログ村に参加中!

オススメ記事↓↓↓

オンライン英会話の効果を気になる方は多いと思います!今回は、DMM英会話を2年間続けたことで実感した効果をご紹介したいと思います!一番嬉しかったのは、TOEICが150点上がったことです!

オンライン英会話のやる気が出る1冊をご紹介します!

オンライン英会話をしてる人&興味のある人に是非読んでもらいたいです!

オンライン英会話で英語力をのばす具体的なやり方が書いてあります!

Kindle Unlimitedを使ったら無料で読めますよ!

KindleUnlimited【30日間無料Amazon】

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Links